あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

人見知りと社交不安のワークブック~真っ直ぐ進めなくていい

今日は、社会不安障害(SAD)の方向けのワークブック、
『10代のための人見知りと社交不安のワークブック』を紹介します。

10代のための……とありますが、
年齢関係なく参考になる(使える)本です。

 

この記事では本書の紹介と「エクスポージャーの記入用紙について」、
そして「まっすぐ進めなくていい」というテーマで書いていきます。

 

●Amazon

 

この本は、認知行動療法(CBT)の中でも
エクスポージャー(曝露療法)よりの内容となっています。

※エクスポージャー(曝露療法):不安や恐怖を感じる状況や刺激に
段階的に挑むことで、慣らしていく療法(不適応反応を消去する)

 

通常、認知行動療法のワークブックでは、
認知再構成法(コラム法など)がメインとなっているものが多いので、
エクスポージャーがメインの本書は面白い存在ですね。

エクスポージャーに一人で取り組んでみたいという方の、
心強い味方になってくれると思います。

 

※認知再構成法(コラム法)については、
以下の過去記事をご参照ください。

うつと不安の認知療法練習法 ~認知再構成法と反証探し

 

本書の著者はアメリカの先生で、挿絵のイラストレーターもアメリカの方。

いかにもアメリカっぽい雰囲気をイラストから感じ、
私としては最初、馴染みにくい印象を受けましたが、
読んでいるうちに気にならなくなりました。

 

flower0624

 

さて、本書のメインツール(記入用紙)である
「エクスポージャー表」について。

 

通常、エクスポージャーの記入用紙や行動実験の記入用紙では、

・行動の計画
・試したい考え
・予想されること
・問題発生時の対処法
・結果
・この行動から学んだこと

などの項目に記入していくのですが……

 

本書の記入用紙では、もっと充実していて

・認知のゆがみ
・適応的思考

といった、通常では認知再構成法(コラム法)で扱われる内容も
盛り込まれています。

 

「こういうやり方もあるんだな」と参考になりました。

私の考えとしましては、
エクスポージャーと認知再構成法(コラム法)は、
分けて取り組んだほうがやりやすいような気がしますが、
「まとめてやってしまいたい」という方には、しっくりくると思います。

********************

エクスポージャー(曝露療法)は、
計画通りにいかなくても当たり前。

いざ取り組もうとしたときに、想定していた以上に不安になって
回避してしまったりということもありますよね。

 

そういった場合は行動内容を見直して、
ハードルの高さを少し下げてみましょう。

そして、できることから取り組んでいきましょう。

 

真っ直ぐ、何事もなく進むということができなくても、
それでいいのです。

本書に、こんな記述がありました。

 

実のところ、道にあるデコボコをうまく切り抜けることを学ぶことで、あなたは運転がじょうずにもなりますし、自分の行きたいところに行く手助けにもなるのです。

●ジェニファー・シャノン著『10代のための人見知りと社交不安のワークブック』
(星和書店/2013/P103)より引用

 

計画通り何事もなく進める道は、ひょっとすると
同じところをぐるぐる回るだけの道かもしれません。

何事もなく進める平坦な道だけではなく、
デコボコした多少進みにくい道を通るからこそ
行きたいところに行く手助けになります。

 

これは、半分自分に向けて書きました。

私自身も成長していくために、
デコボコした道を選んで進んでいかねば!と改めて思いました。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!