あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

等身大の自分~カウンセラーとして、機械技術者として~

ここ1ヵ月半ほど、ブログの更新が滞っていました。

今日から年末の連休に入りましたので、
久しぶりに記事を書くことにしました。

(寒くなりましたが、皆さん、お元気でしょうか)

(ダラダラと、長い記事になってしまうかもしれません)

 

 

実は、9月より機械系の新しい仕事に携わることになり、
連日夜まで仕事をしていました。

※私は25年以上のキャリアのある
機械系の技術者・設計者でもあります。

 

9月以降は時間の無さや身体的な疲労によって、
カウンセリング関連の活動を精力的に行えるほどの
余裕がありませんでした。

カウンセリング活動と両立していけるほどの、
程よい仕事量を想定していましたが、
実際は思っていたよりも忙しかった!

 

それはそれでありがたいことですが、
もう少しカウンセリング活動を行う時間も欲しかった!

でも、もうしばらくは、今の忙しさが続きそうです。

 

 

新しい仕事を約4ヶ月間やりながら、
「自分の仕事」ということについて色々考えました。

 

よく、仕事選び(個人事業主の業種選び)のコツとして、

「自分にとって当たり前にできること
(でも、他の人から見ると当たり前ではないこと)」

という記載をよく見かけますが、私にとって、
それは機械の設計だったり改良だったり修理だったりします。

(カウンセリング関連を省いて考えますと)

 

等身大の自分で普通に仕事をするだけで、
自然にいい評価をいただける。

後は、自分のこれまでの経験とクリエイティブさを発揮しながら、
自分なりに進化し取り組んでいけば、
無理なく結果を出すことができる。

やはり、機械系の仕事は、
自分にとっての「コア」なんだなぁと
改めて気づかされました。

 

 

一方、カウンセリング関連の仕事。

今では、星の数ほどカウンセラーがいますが、
その中でもしっかりとしたサポートができるほうだと
自己分析しています。

これまで、お金と時間をかけて、
しっかりと勉強とトレーニングをし、
また様々な実践経験を積んできました。

 

まじめに取り組み成長してきたという点では、
そこそこ上位のグループに入ることができていると思います。

※カウンセラーの研修会などに参加すると、
他のカウンセラーとの知識レベルの差は毎回感じます。

(勉強量の足りない人が圧倒的に多いです)

 

ところが……

クライエントさんを集めるという点では、
私はあまり得意ではないです。

 

現在、世間で行われている集客方法では、
メルマガ(こちらが主)とブログを発信し続け、
自分のファンを増やしていくという形が主流であり王道ですが、
私にはその方法があまりフィットしない……。

 

そもそも、不特定多数に向けて
自分を表現したいという欲求があまりなく、
もっといえば、自分のファンを増やしたいという欲求も
ほとんどありません(爆)

 

カウンセラーとして生計を立てていくためには、
常に新規のクライエントさんを獲得し続ける必要があります。

でも、心の底で私はそれを望んでいない……(爆)

少なくてもいいから自分を信じて選んでくれた方には
しっかりサポートしていきたいという気持ちのみです。

 

 

実際、私にとっては、カウンセリングで10万円稼ぐよりも、
機械系の仕事で30~40万円稼ぐほうが現実的で楽なことです。

おそらくカウンセリングで30(万円/月)稼ぐよりも、
機械系の仕事で80~100(万円/月)稼ぐほうが
現実的なことでしょう。

(過去に機械系の仕事でその金額を達成できたとき、
とてもしんどかったので、またやりたいとは思いませんが)

 

ちなみに、カウンセリングで10万円稼ぐためには、
例えば1回8000円のカウンセリングで考えると、
以下の回数を行わなくてはなりません。

 

1回8000円のうち、利益分5000円とすると……

5000円 X 20回 = 10万円

20回セッションを行うことが必要です。

 

1人のクライエントさんが月2回のセッションを
受けられると想定すると……

月10万円の利益をあげるためには、
月10人のクライエントさんが必要だということになります。

 

ところが、月の利益10万円では
とても暮らしていけません。

実際には、月30~50人のクライエントさんが
必要だということになります。

それも、毎月ずっと。

継続的に……。

 

人をたくさん集めたいという欲求の少ない私にとっては、
ハードルが高すぎるように感じます。

「カウンセリングのみのビジネスモデル」は、
私にとってマッチしていないということが、
経験を積み重ねることによって、
ますます明確になってきました……(汗)

 

 

年収1000万円クラスのある先生が、
「長谷川さんなら、20万円以上は普通に達成できるはず」
と、過去に何度も言ってくださいました。

非常にありがたいお言葉です。

 

しかし、10年間以上個人事業主として
やってきている(2回分合わせて)自分の感覚では、
「月20万円」は、限りなくレッドゾーンに近いイエローゾーン!

何の保証もない個人事業主の立場での月20万円は、
ほとんどがけっぷち状態です。

(生活していくにも十分とは言えない金額ですし……)

 

なにせ、次の月には20万円が0円になっている危険性が、
常に付きまとっていますので……。

本能的に、「そこを目指してはいけない」と思いました。

 

現在のカウンセリング業界では、
星の数ほどいるカウンセラーの数に対して、
カウンセリングを受けたい人の数が少なすぎる
という現実があります。

 

そして、ライバルは
他のカウンセラーのみではありません。

保険診療を行える精神科や心療内科もそうですし、
無料に近い金額で行われている自助グループ開催の講座などもそうです。

 

必ずしも、愚直に学び続け、実践し続けた人が
勝つわけではありません。

必ずしも、専門的な知識や技術の優れている人が
勝つわけでもありません。

メルマガやブログなどを通して、
人をたくさん惹きつけた人が勝つのです。

(もちろん、ある程度、
いい仕事をするということは当然として)

 

ああ、やっぱり私にはフィットしていない気がする……。

何しろ、自分の存在をアピールしたいとか、
たくさんの人を惹きつけたいとかいう欲求が
ほとんどないのですから……。

 

 

長々と、自分の心と向き合いながら書きましたが、
ここまでお付き合いくださり、ありがとうございました。

来年は「機械系の仕事」と
「カウンセリング活動」の両立をテーマに、
自分にとって継続しやすい形を模索していきたいと
考えています。

 

そして、クライエントさんや講座の参加者さんたちには、
中途半端な気持ちではなく、
専門家として責任を持って
しっかりサポートしていこうと考えています。

数を集めるということよりも、
ちゃんとした価値のあるものを提供するということに
集中していきます。

ご縁のある方、いつかお会いしましょう。

 

それでは、今日明日から連休に入る方が多いと思いますが、
それぞれいい連休をお過ごしくださいね。

もしかしたら、この記事が
今年最後の記事になるかもしれませんので、
今、書いておきます。

 

本年も、たいへんお世話になり、ありがとうございました。

来年も、「あるがまま」の自分で活動していきたいと
思っております。

どうぞよろしくお願いいたします。

それでは、よいお年をお迎えください。

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!