あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

知らずに他人を傷つける人たち ~家庭内モラハラ最大の被害

香山リカ先生の本、
知らずに他人を傷つける人たち
を読みました。

今日は、この本の簡単な紹介と
「家庭内モラハラ最大の被害」
というテーマについて、書いていきます。

 

●Amazon

 

『知らずに他人を傷つける人たち』は、
職場内モラハラ(モラル・ハラスメント)や家庭内モラハラなど
様々な形のモラハラの現状、原因、対策について
解説されている本です。

「家庭内モラハラ」の章に、興味深い記述がありました。

 

客観的に見れば、治療の必要性が高いのはモラハラ夫のほうであるはずなのに、妻たちは「自分が治療を受けなければならない」と思っている。

「悪いのは夫ではなくて、夫をそうしてしまった私のほう」と自分を責めるようになる。

これが、実は最大のモラハラ被害なのだ。

●香山リカ著『知らずに他人を傷つける人たち』
(KKベストセラーズ/2014/P100)より引用

 

本当は、モラハラ夫が悪いのに、
妻が自分のほうが悪いと思ってしまう。

それが、モラハラ最大の被害。

 

本書によると、
「悪いのは夫ではなく、妻である私だ」と思わせられた妻が、
夫からのマインドコントロールから抜け出すことのほうが、
進む未来を選択して行動するよりも
圧倒的に時間がかかるとのこと。

 

妻がモラハラ夫から受けるマインドコントロールは
とても根深いですね。

※「共依存」の関係で、
かっちりはまっている場合も多いです。

 

香山先生は、『知らずに他人を傷つける人たち』の中に
モラハラを起こす人について、こう書いておられます。

 

こう考えてくると、とくにこの日本社会でモラハラを起こすような人の多くは、「限定つきの自己愛性人格障害者」と言うことができる。

彼らの自己愛は、「自分ってすごい、自分って特別」という自惚れの方向にではなくて、「相手の気持ちなど配慮する必要がない」という方向に限って強く現れる。

●香山リカ著『知らずに他人を傷つける人たち』
(KKベストセラーズ/2014/P118)より引用

 

「相手の気持ちなど配慮する必要がない」

言い換えると

「自分には、相手を傷つける権利が十分にある」

 

そういう相手との結婚生活。

想像してみるだけでも、
冷たくて張り詰めたもの(空気感など)を感じます。

 

最終的な選択は人それぞれですが……

たとえ身体的な暴力が無かったとしても
私には我慢できない、我慢したくないと思いました。

 

モラハラ夫からのマインドコントロールに
支配された女性たちが解放されて、
本来の自分らしさを取り戻せる日が来ますように!

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!