あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか ~自己受容の大切さ

なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか
という本を読みました。

本書には、DVやACなどの分野でご活躍中の
信田さよ子先生と、著者の二村ヒトシ氏の
特別対談が収録されています。

それが、本書購入の決め手でした。

 

●Amazon

 

本書は基本的には、
恋愛や性に悩む女性のための本です。

一貫して説かれているのは、
「自己受容」(自分を受け入れること)の大切さ。

 

内容は、心理学的にも理にかなっていて、
さすがに男女関係について
よく観察しておられるなぁと思いました。

※著者の二村ヒトシ氏は、
男女関係に関わる仕事をしておられる方です。

 

この本は女性のための本ですが、
男性の私が読んでも、いろいろ気づかされます。

例えば、この箇所。

親のことを憎んでいる人へのメッセージです。

 

無理して「親を許そう」とは、しなくていいと思います。

ただ、憎みつづけているということは、「求めつづけている」ということです。

そうしている間はやはり「親に支配されつづけている」のだということを忘れないようにしてください。

●二村ヒトシ著『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』
(イースト・プレス/2014/P124)より引用

 

「憎みつづけている」ということは、「求めつづけている」ということ。

なるほどなぁと思いました。

 

親や親との関係が原因となって、あいてしまった「心の穴」。

その穴を埋めたいがために、
時に人は幸せとは反対の方向に突っ走ってしまいます。

※幸せの形は、人それぞれではありますが。

 

『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』には、
そういった傾向の強い人に向けた
信田先生からのメッセージも載っていました。

 

私、いつも言うんですけど「一目惚れする男とは絶対につきあわないようにすれば、あなたは幸せになれますよ」って。

一目惚れって絶対に自分のヤバいところに反応してますからね。

●二村ヒトシ著『なぜあなたは「愛してくれない人」を好きになるのか』
(イースト・プレス/2014/P278)より引用

 

これも、なるほど、ですね。

いろいろ勉強になります。

※自分のヤバいところ=相手にとっては、
『自分の「心の穴」を埋めてくれるところ』ということですね。

 

そもそも「心の穴」を完璧に埋めてくれる相手などは、
どこにも存在しません。

(自分にとっても、相手にとっても)

だからこそ、「自己受容」が大切なんですね。

 

本書には、「自己受容」が不足している男女関係について
様々な切り口から解説されています。

興味のある方は、読んでみてください。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!