あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

家庭内のパワーゲームに巻き込まれる援助者

信田さよ子先生の本、
『アディクションアプローチ もうひとつの家族援助論』
を読みました。

今日は、その本の簡単な紹介と、
「家庭内のパワーゲームに巻き込まれる援助者」
というテーマについても書いていきます。

 

●Amazon

 

『アディクションアプローチ もうひとつの家族援助論』は、
依存症(アディクション)そのものよりも、
依存症の人のいる家庭内で繰り広げられている
パワーゲームについて深く解説された本です。

 

パワーゲームとは、
お互いが相手をコントロールしようとすること。

暴力を受けながらも夫から離れない妻が、
実はダメな夫をコントロール(支配)することで
自分を満たしているというケースもあります。

 

本書の事例では、家庭に出入りしている訪問看護の看護師さんが、
家族のメンバーの悩みを聴いていくうちに
パワーゲームに巻き込まれていく様子が描かれています。

 

flower151017

 

「私がなんとかしてあげなくちゃ」

そんな思いから一生懸命話を聴くことになりますが、
一生懸命聴けば聴くほど家族の問題に巻き込まれて、
身動きが取れなくなってしまいます。

 

現実に、そういった状態に陥っている看護師さんも
おられるのではないでしょうか。

本書では、そういった看護師さんに向けて、
どんなスタンスで家族に関わっていけばいいのかが
詳しく解説されています。

※関わり方だけでなく、
自分自身を見つめること(の重要性)についても
解説されています。

 

私も読みながら、現実に起こりうる問題として、
改めて学ばせていただきました。

 

「私がなんとかしてあげなくちゃ」

自分の価値判断通りに相手をコントロールしようとする思いが
援助者の中にあるとしたら……

それも1つのパワーの行使。

 

「相手のため」といいながら、
「自分のため」(パワーの行使による満足感や支配する快感を得る)
になってしまっているとしたら……

それも1つのパワーの行使。

 

援助ではなく、家庭内に発生した新たなパワー源として、
より問題(パワーゲーム)を複雑化させてしまうことにつながります。

※家庭内の共依存の関係に援助者が参加してしまうことになる。

※家族もまた、援助者をコントロールしようとしている状態。

 

私も本書を読みながら色々考えさせられました。

ヒントもたくさんもらいました。

 

問題を複雑化させるパワー源にならず、共依存にも加わらず、
専門家としてどのように支援していくか、
改めて整理して、今後に活かしていこうと思いました。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!