あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

対人トラブル即解決力 ~モンスターの8つのタイプ

今日は、生田倫子先生の本
ブリーフセラピーで切り抜ける 対人トラブル即解決力
を紹介します。

本書より引用しながら、
「モンスターペアレントの8つのタイプ」
についても書いていきます。

 

『ブリーフセラピーで切り抜ける 対人トラブル即解決力』
で描かれているステージは病院です。

病院のスタッフ同士の人間関係の問題や
看護師と患者さんとの間で発生したトラブルを、
ブリーフセラピー(短期療法)で解決した事例が
たくさん載せられています。

※他業種の会社での人間関係にも応用できる内容です。

 

<Amazon>

 

ブリーフセラピーの特徴は、
「問題の原因を追究しない」ということ。

そして、「当面の問題を解決する」ということ。

 

本書の事例の中には、心理療法というよりは
ちょっとした工夫によって人間関係が改善されていった
ケースも多く載っています。

※ちょっとした工夫=マニュアルを作る、ルールを決める、手紙を書くなど。

 

私は読みながら、自分が会社勤めしていた時代に取り組んでいた
改善提案を思い出しました。

なるほど、そういうレベルのこと(といっても効果は素晴らしい)も
ブリーフセラピーに含まれるんだなと、
いい勉強になりました。

 

本書には、ブリーフセラピーのエッセンスや活用法が
多数解説されていますが、
それ以外にも興味深い内容が載っています。

その一つが、モンスターペアレントのタイプ分けについてです。

 

①主張が発展したエスカレート攻撃タイプ

②窮鼠猫を噛む式の防衛的攻撃タイプ

③自己顕示欲による攻撃タイプ

④注意獲得行動型攻撃タイプ

⑤利得獲得を目的とした戦略的攻撃タイプ

⑥逆転移的攻撃タイプ

⑦人格障害をベースとした攻撃タイプ

⑧外敵の必要性に迫られている攻撃タイプ

●生田倫子著『ブリーフセラピーで切り抜ける 対人トラブル即解決力』
(日総研出版/2011/P89-91)より項目のみ抜粋・引用

 

すごくよく分類されていると思います。

相手がどのタイプに当てはまるかによって
適切な対処方法が変わってきます。

どのタイプに当てはまるのかなと考えるだけでも
見えてくるもの、ありますよね。

 

①②の中には、ごく普通の人が様々な条件が重なったことによって
モンスターになるように追い込まれていったケースも
多いだろうなと思いました。

なお、『ブリーフセラピーで切り抜ける 対人トラブル即解決力』
には、それぞれのタイプについての解説も載っています。

興味のある方は、読んでみてください。

 

<楽天ブックス>

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!