あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

「売り言葉」と「買い言葉」 ~シャーボの思い出

今日は、広告コピーの本、
「売り言葉」と「買い言葉」心を動かすコピーの発想』の紹介と、

本書を読んで思い出した、
ZEBRAのシャーボにまつわる思い出について書いていきます。

 

●Amazon

 

『「売り言葉」と「買い言葉」心を動かすコピーの発想』は、
多数のコピーの実例を振り返りながら、
広告コピーを作る際の発想法を学ぼうという本です。

(コピーの実例の一つ一つに、解説が付いています)

 

本書では、広告コピーを
売り手の目線で書かれた「売り言葉」(サービスの種類など)と、
買い手の目線で書かれた「買い言葉」(使う側の気持ち、体験など)の
2つに分類しています。

 

掲載されている広告コピーは、
昭和の時代から現代までの幅広い年代のもの。

私はコピーの勉強のためというよりは、
昭和の時代の広告コピーを懐かしむために読みました。

 

数十年ぶりに見たコピーなども多数あり、
「そうそう、こんなのがあったなぁ」と楽しみながら読みました。

例えば、1977年に発売されたZEBRAのシャーボの広告コピー。

 

右へ回すとシャープペンシル。左へ回すとボールペン。
一本で二本分。

●岡本欣也著『「売り言葉」と「買い言葉」心を動かすコピーの発想』
(NHK出版新書/2013/P65)より引用

 

シャーボの画像が見たい方。こちらのサイトにありますよ。

http://www.showanavi.jp/archive/archive/1970/7218.php

 

当時のTVコマーシャルの映像はこちら。(Youtube / 2:00~がシャーボです)

http://youtu.be/9eaTN4Ggemg

この映像の他にも、入学祝いバージョンなど、色々あったように思います。

 

今では、シャープペンとボールペンが一本になっていても
珍しくもなんともないのですが、当時としては画期的なものでした。

 

メカ好きな小学生だった私は、
コマーシャルを観て、すぐに欲しくなりました。

もちろん、すぐには買えなくて、文房具屋さんで見るたびに、
「いいな~」と羨望の眼差しで見つめるだけでした。

 

そんな私ですが、中学入学時に両親からのお祝いとして
憧れのシャーボを買ってもらうことになります。

色は、無難なシルバー一色のもの。

毎日、何回もカチッカチッとシャーボの上側を回転させて、
シャープペンとボールペンの切り替えを楽しんでいました。

 

晴れて自分のお気に入りとなったシャーボですが、
当時、実際に使った感想はというと……

「重い」

「なくすのが怖い」

「盗られるのが怖い」

「生意気だと言われるのが怖い」

……ということで、すぐに学校に持っていくのをやめて、
家専用のペンになりました。

普通の安いペンの方が、気軽に使えるので楽でしたね。

 

今から思うと少々大げさではありますが、
身分不相応なものを手にすると扱いに困るということを、
当時中学生だった私は学びました。

(とは言っても、シャーボは当時の入学祝いの定番でしたが)

 

今の私は、身分不相応だとかにとらわれずに、
目標に向かって頑張っていきたいと思っています。

特に高級な何かが欲しいというわけではなくて、
変な制限にとらわれずに、自分を向上させていきたいと思っています。

 

何だか本の紹介から大きく離れてしまいましたが、
ここで無理やり戻します。

 

『「売り言葉」と「買い言葉」心を動かすコピーの発想』

広告コピーの発想法を学びたい方だけではなくて、
昭和の時代を懐かしく振り返りたい方にも、お勧めできる本ですよ。

(シャーボが懐かしい方も、たくさんおられますよね?)

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!