あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

己の言葉で

ゴーストライターという職業があります。
依頼者に成り代わって、メルマガやブログの記事などを書く仕事です。

実は私も、
カウンセリングと両立できる仕事として検討していたのですが……
やっぱりやめることにしました。

今日は、その理由について書きますね。

 

当たり前のことではありますが、
私は、心理系や機械技術系(元々の仕事)の知識を豊富に持っています。

だから、もしライターの仕事をするとしたら、
その関係(特に心理系)の記事の作成を
引き受けることになると思います。

(ライターの先生と話をして、そういう需要があることを知りました)

 

先々月あたりからライターの仕事を引き受けることを
本気で検討し始めました。

ところが、検討する度に、何とも言えない嫌な感情が湧いてきたのです。

「何だろうこの気持ちは。全然ワクワクしない」

 

自分の内面と向き合って、何が嫌なのかを整理してみることにしました。

以下に、その内容を記します。

 

①心の専門家は、言葉の一つ一つに細心の注意を払います。
(言葉一つで、クライエントさんを傷つけてしまうので)

だから、自分のブログやメルマガで発信する記事の作成を
他人に任せてしまう考えには、私は賛同できません。

正直な気持ちをストレートに表すと、
「心の専門家を名乗るなら、己の言葉で語らんかい」
ということになります。(ちょっと言葉が汚かったですね m(_ _)m)

(他の分野なら、ライターにお願いするのも、大いにありだと思います)

 

②私は本気で心理療法や精神医学の勉強をしています。

まだまだ途中経過なので、今のところは少ないですが、
この2年間強で、
勉強時間:二千数百時間、投資金額:百数十万円、臨床回数:数十回。

それに、人生経験45年分に、社会不安障害を自力で克服した体験など。

そうやって、必死で学んできたことを、他の誰かを演じるために使いたくない。
(クライエントさんを欺くような気がします)

それに、会ったこともない、
どれだけ勉強しているのかも怪しい人のブランディングを、
なぜ私がやらねばならないのか、という気持ちもあります。

 

……というわけで、ゴーストライターという仕事は
自分にはマッチしない(やりたいと思っていない)
ということが分かりました。

だから、副業としてでも、ライターの仕事はやめておきます。

 

よく考えてみると、
もともと誰かのふりをするなどの芸当は好きではないので
明らかに私には向いていなかったですね。

※ゴーストライターという職業を否定しているのではありません。
※私には向いていないというだけです。
※ゴーストライターの中にも、素晴らしいスキルをお持ちで、
大活躍されている方は、たくさんおられます。

 

今回、ライターの仕事を検討したことが、
自分を見つめるいい機会となりました。

(私事の内容に、ここまでお付き合いくださり、ありがとうございます)

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!

2件のコメント

  • かつしさん

    お久しぶりです。
    かつしです。

    ちょっと誤解があるようなので…。

    本当に職業にしていらっしゃるライターさんも
    いらっしゃいます。
    その方たちは、本当に質が高く、
    著者以上に、文章のスキルがあるため、
    書籍を作るときは
    ライターさんを使うのです。

    単なる作業依頼でも
    そこは依頼者の意図をくみとって
    作業するものではないでしょうか。

    本人の言葉以上のものを引き出すのが
    ライターの仕事だと思います。

    ゴーストライターと言われる由縁は
    それくらいライターの存在が際立つと言うことだと理解します。

    実力がなければ
    下手な文章だから読めないってなるだけですから。

    なーんて、ピンきりですけどね!!

    友達が真剣に頑張っている職業なので
    つい言いたくなってしまいました。

    気分を損ねましたらすみません。

    • A-1

      コメント、ありがとうございます!

      かつしさんのご友人の中に、ライターの方がおられることもあって、
      つい言いたくなったのですね。
      私の書き方に、少々トゲがあったのかもしれません。
      若干、ソフトに訂正しました。
      (フィードバック、ありがたいです)

      確かにライターさんの中には、
      文章のスキルが高い方がたくさんおられますよね。
      私も、精神疾患を扱う分野以外でのライティングであれば、
      全然問題ないと思います。
      (むしろ、かつしさんの言われる通り、素晴らしい仕事だと思います)

      >本人の言葉以上のものを引き出すのが
      >ライターの仕事だと思います。

      確かにそうですよね。
      ところが、精神疾患を扱う分野では、そうとも言い切れません。

      カウンセラーのあるべき姿勢の基本として
      「自己一致」というものがあります。
      本人の言葉以上のものを引き出せばいいのではなくて、
      上手であろうが、下手であろうが
      あくまでカウンセラーの等身大の姿で、
      ありのままの思いを語るということは、すごく大事です。
      (文章の裏にあるズレは、相手に伝わります)

      また、クライエントさんの中には、
      言葉一つで大きく傷つく方も大勢おられます。
      その対応には、精神医学の知識も必須です。

      それらを総合して
      「心の専門家を名乗るなら、己の言葉で語らんかい」
      ということになるわけです。

      あくまで、「心の専門家を名乗るなら」です。

      決して、ゴーストライターさんの仕事を
      否定しているわけではありません。

      (むしろ、素晴らしい仕事だと思っています)

      己の言葉で書かない「心の専門家」の存在に対して
      自分の思いを書いただけなのです。

      (祝)復活!かつしさん!