あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

『自分の言葉で語る技術』を読んで、恥ずかしくなった

私は約3年前からブログを書いている(※)のですが、
いまだ自分の文章力が十分に上達できているとは
思っていません。

※アメブロから始めました。

 

むしろ、
「面白くない記事を量産してしまっているのでは……」
と、反省しています。

もちろん、これから改善して
もっと読んでくださる方の心に響くような文章が
書けるようにしていきたいと思っています。

 

そんな私が最近読んだ本……

川上徹也氏の『自分の言葉で語る技術』の中に、
読んで自分が恥ずかしくなった記述が書いてありました。

 

●Amazon

 

小学校でほめられる作文のもうひとつのポイントは、「感情や気持ちをあらわす言葉を書かない」ということです。

●川上徹也著『自分の言葉で語る技術』
(クロスメディア・パブリッシング/2011/P114)より引用

 

「小学校でほめられる作文のもうひとつのポイントは……」

この部分を読んで、
「私は小学校で褒められるような領域にすら達していないんだなぁ」
ということに直面させられ、
少々自分が恥ずかしくなりました。

 

感情や気持ちを表す言葉。

「楽しかった」

「悲しかった」

「嬉しかった」

「悔しかった」

……

 

これらの言葉を使っても、
その感情は読者さんには伝わらない。

むしろ、上記の言葉を使わずに、
その気持ちになったときのエピソードを書くことで
感情が伝わるとのこと。

 

『自分の言葉で語る技術』より
例文を引用すると……

 

もうすぐゴールだったのに、コケてしまいました。

あんなに練習して絶対に1位だと思っていたのに、くやしかったです。

もうすぐゴールだったのに、コケてしまった。

どうやって立ち上がりゴールしたかはよく覚えていない。

田中先生は「ドンマイ」と声をかけてくれた。

友だちたちも何も言わない。

ぼくは近くにあった鉄棒に向かって逆あがりをした。

何度も何度もまわった。

そうしないと、「あんなに練習したのに」という言葉が口から出てしまいそうだったからだ。

●川上徹也著『自分の言葉で語る技術』
(クロスメディア・パブリッシング/2011/P115)より引用

 

なるほど。確かに後者の文章のほうが
情景を含めて感情が伝わってきますよね。

でも書くの、大変そう……。

 

あまりブログに時間をかけていられないので、
手っ取り早く「楽しかったです」と書いてしまう。

その結果、伝わるものの少ない記事が多くなってしまった。

それが、私のブログですね……。

 

このまま、上達しないままに
ブログの記事を量産していっても進歩がないので、
少しずつでもいい文章に近づいていけるように
これから改善していこうと思いました。

 

とはいえ、あまり時間をかけていられないという
事情もあるので……。

できることからやっていきます。

さぁ、前に進んでいこう!

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!