あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

ノルアドレナリンの過剰分泌と交感神経の過活動

2004年に出版された
『「脳と心の病」に効く薬』という本を読みました。

本書を読みながら2点気になった箇所がありましたので、
簡単な紹介と合わせて書いていきます。

 

●Amazon

※2015年6月現在では、中古本しか手に入らないようです。

 

本書では、抗精神病薬、抗うつ薬、抗不安薬、気分安定薬などの
精神科/心療内科の領域の薬についてだけではなくて、
鎮痛薬や頭痛薬、筋弛緩薬、制吐薬、抗めまい薬などについても
取り上げられています。

 

それぞれの薬に関連する脳の働きや病気の症状、
薬の作用のメカニズムや副作用についてなどが、
図表入りで分かりやすく解説されていて、とても参考になりました。

とくに、精神科/心療内科の領域以外の薬についての記述が
私にとっては新鮮で、読んでよかったと思いました。

 

flower0612

 

ただ、本書を読んでいて2点気になる箇所がありました。

その気になった箇所は……

 

1点目。

抗うつ薬の章で、神経伝達物質ノルアドレナリンに関しては、
「ノルアドレナリン=意欲にかかわる物質」とだけ述べられています。(P101)

また、「ノルアドレナリンとセロトニンの作用」を示す図(P103)には、
ノルアドレナリンが多くなるほど「多幸的にハイ」「攻撃的にハイ」
になると書かれています。

 

それを読んで、私がなぜ気になったのかと言いますと……

ノルアドレナリンの過剰分泌がもたらす交感神経の過活動や、
「不安」「恐怖」「怒り」などの感情との関連性については、
全く触れられていなかったからです。

※ただし、後に出てくる自律神経作用薬の章には、
ノルアドレナリンと交感神経の関連性は述べられていました。(P174)

 

そして、2点目。

「統合失調症の症状」を示す表(P121)の「陰性症状の原因」の項目に、
「脳内のセロトニンの過剰活動との見方あり」と書かれていますが、
そこにも違和感を感じました。

※統合失調症の陰性症状:感情が乏しくなる、表情が平板になるなど

 

なぜなら、「ドーパミンの不足・欠乏」について
触れられていなかったからです。

※ただし、ドーパミンの不足・欠乏とパーキンソン病の関連については、
後のページで述べられていました。(P128、P132-136)

********************

上に書いた2点は、あくまで私の意見であり、
本書の記載が不適切であるという意味ではありません。

「どの側面から見ているか」の違いなのかもしれません。

 

それに、そもそも脳や心の分野は、
100%全てが解明されているわけではありません。

今回の気になったことをきっかけに、
これからも、もっともっと広い視野を持って学んでいかねばと
改めて思いました。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!