あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

認知行動療法、べてる式。 ~小さな問題を大切にする

今日は、先日紹介した
DVD『認知行動療法、べてる式。』に付属の
書籍(同タイトル)を紹介します。

DVDの紹介記事は → こちら

 

べてるの家では「しょぼい問題を大切にする」
ということも行われていますが、
それについても書いていきます。

 

●Amazon

 

書籍『認知行動療法、べてる式。』は、
伊藤絵美先生が行っておられる本格的な認知行動療法と、
べてるの家で行われている「べてる式」認知行動療法の
両方を学べる本です。

両者の違いなども、細かく解説されています。

 

本書はDVD付属の書籍ではありますが、
本単体で数千円で販売されていても
全然おかしくない、内容の濃い一冊です。

 

べてるの家では、今、目の前にある
現実的・具体的な問題について
たとえそれがほんの小さな問題だとしても、

そこで何が起こっているのかをしっかり見つめ
大切に取り扱っていきます。

 

認知行動療法の中の「問題志向」の側面を
大切にしているということです。

その部分について解説されているページの中に
目を引いた一文がありましたので紹介します。

 

”しょぼい問題”を大切にするということは、そういう問題を抱える”しょぼい自分”を大切にするということである。

●伊藤絵美・向谷地生良編著『認知行動療法、べてる式。』
(医学書院/2007/P061)より引用

 

「ああ、確かにそうだなぁ」と思いました。

これは「あるがまま」の自分を大切にするということと
同様のことですが、

「あるがまま」の”しょぼい自分”を大切にできないときは
自分の抱える”しょぼい問題”と大切に向き合っていくことから
始めてもいいと思いました。

 

※本書でいう”しょぼい問題”=
「とほほ」と言いたくなるような小さな問題

 

自分の中にある小さな問題の
一つ一つを大切にしていく。

それが、自分を大切にすることへとつながっていく。

 

いきなり大きな問題と
正面から向き合うことはできないときでも
ほんの小さな問題となら向き合うことができるかもしれない。

これらの考え方を大事にしていこうと思いました。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!