あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

スキーマ療法 ~認知行動療法の発展型

認知行動療法(CBT)は、
エビデンス(科学的根拠・証拠)がしっかりとある
確立された心理療法ですが、
現在も発展の過程にあります。

 

その一つの方向は、
「ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)」
(マインドフルネス)への発展。

 

そしてもう一つの方向は、
今日紹介する「スキーマ療法」への発展です。

 

●Amazon

 

認知行動療法では、
自動思考レベルでは機能的になることができたケースでも、

スキーマ(中核信念)レベルが
非機能的なままで残ってしまうことがあります。

 

その場合に、認知行動療法から
そのまま移行して取り組めるのが、

認知行動療法を発展させて
より深い問題に対応できるようにした「スキーマ療法」です。

 

認知行動療法では、
現在の悩みや症状に関連する範囲でのみ、
クライエントさんの過去の体験・出来事をとり上げます。

 

それに対して、スキーマ療法では、
クライエントさんの幼少期からの体験・出来事を
クライエントさんが話せる範囲で徹底的にとり上げて、
時間(日数・期間)をかけてヒアリングします。

 

そして、精神分析理論、愛着理論、ゲシュタルト療法など
他の理論や療法を組み合わせながら、
統合的にアプローチします。

 

なので、スキーマ療法には、長めの期間がかかります。

通常の認知行動療法では、
10~30回程度のセッションで終了することが多いのですが、

スキーマ療法では、100回以上かかることが
普通にあるようです。

期間にして、1~2年以上かかったりします。

 

それでも、スキーマ(中核信念)とじっくり向き合って
取り組んでいけるスキーマ療法は、
私は素晴らしい療法だと思っています。

 

例えば、自分のスキーマ(中核信念)と向き合わずに
5年、10年、15年……と、
心の症状やそれにまつわる問題に悩み続け、
経済的損失を抱え続けるよりは、

1~2年間(場合によっては、それ以上になりますが)
じっくりと取り組んで、回復の方向に進んだほうが

精神的にも、経済的にも、社会適応の面からしても
メリットが大きいように思います。

(たとえ、それなりの費用がかかったとしても)

 

まだまだ歴史の短いスキーマ療法ですが、
私は心の専門家として、
進化・発展にしっかりついていきたいと考えています。

認知行動療法やACTなどと合わせて、
学び続けていきます。

 

●楽天オンライン書店boox(2500円以上送料無料 ポイント5倍)

↑伊藤先生の『スキーマ療法入門』です。

 

最後に、『スキーマ療法入門』という本を紹介します。

本書は、日本の「スキーマ療法」の第一人者である
伊藤絵美先生の著書です。

 

スキーマ療法の基本と事例が載せられています。

事例では、境界性パーソナリティ障害の
クライエントの例が記載されていますが、

スキーマ療法を進める過程において、
クライエントがどんどん変容していく様子が見て取れました。

 

そして、「凄い」と思いました。

本書を読んだことがきっかけで、
私はスキーマ療法を、本格的に学びたいと思いました。

 

伊藤先生の『スキーマ療法入門』。

本家のヤング博士の本『スキーマ療法』と
合わせて読むのがお勧めです。

(共に、治療者・援助者向けの本です)

 

●楽天オンライン書店boox(2500円以上送料無料 ポイント5倍)

↑ こちらがヤング博士の『スキーマ療法』です。

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!