あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

「うつ」と平常の境目 ~障害年金と生活保護

今日は、『「うつ」と平常の境目』という本の紹介と、
読んだ感想などを書いていきます。

臨床現場で繰り広げられている、ある問題についても
書いていこうと思います。

 

●Amazon

 

『「うつ」と平常の境目』は、
「新型うつ病」についてを中心に書かれた本です。

精神科医の吉竹先生が実際の臨床現場で体験された
14の事例が載せられています。

事例には『「障害があった」ことにしてほしいとねだるOL』など、
「精神科医も大変だなぁ」と思わせられる内容が多かったです。

 

ありえない要求をしてくるクライエント(患者と言ったほうがいいのかな)。

対人操作(泣き落としなど)に逆ギレなど、何でもありの世界。

「色んなことが起こっているんだなぁ」と、
事例をどんどん吸収したい私にとっては、とても参考になりました。

 

ここから、今日のテーマに入ります。

ここ数年間の「新型うつ病」激増の裏には、
金銭の問題も絡んでいるようです。

 

医師の診断書は、これを悪用する者にとっては切り札のような効果を発揮し、経済的利益をもたらします。

前述したように、傷病手当の支給、障害年金の受給のほか、たとえば、失業保険(雇用保険)の給付、借金返済の猶予、生活保護の申請などにも威力を発揮します。

●吉竹弘行著『「うつ」と平常の境目』(青春出版社/2013/P147)より引用

 

診断書があれば、様々な利益が手に入ります。

過去5年間にさかのぼって障害を認定されれば、
障害年金だけでもかなりの金額を受給できます。

だから、必死になるのですね。

 

本書では、本来受給条件を満たしていない人が
診断書を手に入れるために、
次々と精神科医を訪ね(こっちがだめならあっちへと)、
あの手この手で食い下がる姿が紹介されています。

 

実際に障害レベルの病気でお悩みの方は、
これほどまでのバイタリティや行動力は発揮できない人が
多いのではないかなと思いました。

それに、自分のことを責めてばかりで、
障害年金のことまで頭が回らない人もきっとおられますよね。

 

本当に必要な人が、”活動的な戦略家” の陰に隠れて
受給できないなんてことにならなければいいなと
少し心配になりました。

不正受給により、予算が圧迫されることについても
何だか残念であり、心配な気持ちになりました。

 

これから、不正対策はどんどん強化されていくと思います。

障害年金にしろ、生活保護にしろ、
本当に必要な人(受け取るべき人)が、しっかり受給できるように
関係機関の人たちや、クリーンな判断をしておられる精神科医さんたちを
応援しつつ、これからも頑張っていただきたいなと思いました。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!

2件のコメント

  • kaoriさん

    こちらでは、はじめましてです^^

    >本当に必要な人が、”活動的な戦略家” の陰に隠れて
    受給できないなんてことにならなければいいなと
    少し心配になりました。

    確かに、そうですね、弱さを売りにしている人、なんかいやだな~と思います。(様々な場面で、あるような気がします。)

    ブログの記事ありがとうございます!

    • A-1

      kaoriさん、コメントありがとうございます。
      こちらでは、はじめましてですね(^-^)

      弱さを売りにしている人、なんかいやだな~と思うのですね。
      自分の都合のいいように持っていこうと、
      対人操作ばかりしてくる人には、私も身構える部分があります。
      (様々な場面でありますよね)

      こちらこそ、ありがとうございます!