あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

『日本人のための日本語文法入門』の感想 ~夢の世界へ

突然ですが、中学・高校生時代の授業中に、
どうしても眠くなってしまう科目ってありませんでしたか?

私は高校生時代に、クラスでも「よく眠る奴ベスト3」に入るくらい
授業中に眠っていたのですが、特に国語の授業でよく眠っていました。

 

国語の授業では、「~格」や「~詞」などの文法用語がよく出てきますよね。

私はそれらの用語に全く興味が持てなくて、眠るよりほかはなかったのです。

(どんなん 笑)

 

先生の話は、まるで遠くに聞こえる子守唄のようで…。

私を夢の世界へと誘いました。

当時の私の体には、きっと、文法用語で作動する
「自動睡眠装置」が搭載されていたのでしょう。

とてもよく働く、性能の良い装置でした(笑)

 

当時から、早27年以上経ちます。

その間私は、自分の中の「自動睡眠装置」の存在を
すっかり忘れていたのですが、
最近、あることがきっかけとなって、思い出すことになりました。

長い年月を経て、再び「自動睡眠装置」が作動したのです(笑)

 

そのきっかけになったのが、この本です。

日本人のための日本語文法入門

 

●Amazon

 

この本には、「~格」や「~詞」という文法用語が多数出てきます。

私は自分の中で作動する「自動睡眠装置」と戦いながら
何とか最後まで読み切りました。

(寝たり起きたりを繰り返しながら、やっとのことで読み切りました)

(この本が面白くないという意味ではありません)

 

本書には、私たちが学校教育で(私は睡眠学習で 笑)学んできた
「文法」とは異なる視点から見た「日本語文法」について解説されています。

例えば、どういう内容なのかというと…

 

父親は 台所でカレーライスを作った
(主題)    (解説)

文の主題は「父親は」で、その解説が「台所でカレーライスを作った」ということになるわけです。

日本語文の多くはこのような「主題-解説」という構造であり、学校文法で教えられる「主語-述語」の関係ではありません。

●原沢伊都夫著『日本人のための日本語文法入門』
(講談社現代新書/2012/P40)より引用

 

日本語の多くは、「主語-述語」の関係ではない、ということだそうです。

私には、このことがとても新鮮に響きました。

 

この部分に興味を持たれた方は、ぜひ読んでみてください。

日本語をよりシンプルに捉えた切り口が満載の、面白い本です。

「は」と「が」の使い分け、「~ている」と「~てある」の違いなど
とても勉強になりました。

頭の中で、ごちゃごちゃになっている「日本語文法」というものを
一度ばらして、整理し直すのにもってこいの本だと思います。

 

ただ、私のように学問としての国語に馴染みの薄い人にとっては、
少々難しい面もあり、何度も読み返す必要が出てくるかもしれませんが……。

 

副業の関係で、文章力の向上が必須の私。

めげずに読み返して、自分の能力向上につなげていきたいと思います。

 

ある意味、国語に興味のなかった私に対する挑戦状のような一冊ですね。

この挑戦はきっと、私のブレイク・スルーにつながる挑戦!

 

負けませんよ!

ああ、まぶたが閉じる…閉じていく…。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!