あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD ~「傷」ではなくて「役割の変化」と考える

今日は、水島広子先生の本
対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD』を紹介します。

トラウマを「傷」ではなくて「役割の変化」と捉えた
本書の視点についても書いていきます。

 

●Amazon

 

『対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD』の内容を
大まかに紹介すると……

 

★トラウマ体験が原因となる
PTSD(心的外傷後ストレス障害)や
ASD(急性ストレス障害)などといった病気についての解説

※トラウマ体験が、
社会不安障害や摂食障害などの病気に
つながってしまうこともあります。

 

★過去のトラウマ体験によって
「対人過敏」になっている状態が、
現在の人間関係にどのような影響を与えているかについて

※事例付きです。

 

★「PTSDへの対人関係療法」を中心とした
回復へのプロセスについて

 

……など、詳しく解説されています。

一つ一つが丁寧に解説されていますので、
トラウマについての理解を深めることができます。

 

本書では、”トラウマとは「役割の変化」である”
という考え方が強調されています。

ここから、その考え方について書いていきます。

 

トラウマは「心的外傷」と訳されますし、多くの人が「傷」と認識していますが、「ついてしまった傷」というよりも、「乗り越えるのが難しい役割の変化」と考えたほうがすべきことも明らかになりますし、自分が傷物になったわけではない、ということを理解できると思います。

●水島広子著『対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD』
(創元社/2011/P124)より引用

 

トラウマとは「役割の変化」。

例を挙げると、
「特に危険のことなど考えずに暮らしていた役割」
だったのが、トラウマ体験をすることによって、
「社会の危険を知りながら暮らす役割」に変化した。

そんな風に考えるということです。

 

なるほど、と思いました。

「傷」というよりも「役割の変化」と考えたほうが、
少しずつでも前に進んでいく力が湧いてくるような気がします。

※「傷」ついた気持ちにフタをしたり、
置き去りにするという意味ではありません。

 

そして……

トラウマが「永遠に残る傷」ではなく、「新たな役割への適応のプロセス」だと考えるだけでも、やるべきことが整理されてくると思います。

●水島広子著『対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD』
(創元社/2011/P130)より引用

 

「新たな役割への適応のプロセス」という言葉を読んだとき、
前に進むための道が、さらにはっきり見えてくるような気がしました。

 

★今起こっている問題が、
病気の症状であることを認識する。

 

★身近な人に支えてもらう。

※身近な人との適切な(支えになる)コミュニケーションを
形成していく過程において、
対人関係療法はとても有効な療法だと思います。

 

★自分の感じ方を尊重し、
人との間に適切な境界線を引く。

 

……など、その他のアプローチを含めて、立体的に
「新たな役割への適応のプロセス」に取り組んでいく。

命に関わるトラウマ体験や、
信頼していた身近な人から受けたトラウマ体験など、
強いトラウマを持つ方にとっては
決して簡単な道ではないかもしれない……。

 

『対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD』は、
そのような強いトラウマを持つ方にとっても
トラウマを紐解いて、道とヒントを示してくれる。

そんな本であるように感じました。

※トラウマ体験に悩んでおられる方には、
書籍で学ぶだけではなくて、

専門家に相談されることもお勧めします。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!