あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

対人関係療法でなおす うつ病 ~相手との「ずれ」を広げてしまうコミュニケーション

水島広子先生の本
対人関係療法でなおす うつ病』を読みました。

本書は、うつ病の治療を題材にしながら、
対人関係療法について詳しく解説された本です。

同シリーズ(対人関係療法でなおす ○○○)の他の本よりも
対人関係療法についての記述は多いです。

 

●Amazon

 

対人関係療法では、
以下の4つの問題領域の中の
1つか2つに焦点を当てて取り組んでいきます。

 

★悲哀
重要な人の死を十分に悲しめていない。

★役割をめぐる不一致
重要な人との不一致(相手への期待と実際のずれ)

★役割の変化
生活上の変化にうまく適応できていない。

★対人関係の欠如
上の3つのいずれにも当てはまらない。(=親しい関係がない)

 

『対人関係療法でなおす うつ病』には、
上の4つの問題領域において、
それぞれどのような考え方で取り組んでいけばいいのかが
解説されています。

 

その中の「役割をめぐる不一致」という
問題領域に関するテーマ、

『「ずれ」を広げてしまうコミュニケーション』を
ここで紹介します。

 

●「ずれ」を広げてしまうコミュニケーション

言葉を使わないコミュニケーション

間接的なコミュニケーション

自分の言いたいことは伝わっているという思い込み

相手の言いたいことはわかっているという思い込み

沈黙

●水島広子著『対人関係療法でなおす うつ病』
(創元社/2009/P94-96)より項目のみ抜粋・引用

 

★不満があるのに、相手に言葉で伝えずに
ため息をついたり睨んだりする。
(言葉を使わないコミュニケーション)

★直接的な言い方をせずに、
嫌みを言ったり回りくどい言い方をする。
(間接的なコミュニケーション)

★「分かっているはずなのに、どうして……」
(自分の言いたいことは伝わっているという思い込み)

★「私はあの人に嫌われている……」
(相手の言いたいことは分かっているという思い込み)

★怒りや不快を表現せずに、
コミュニケーションを打ち切ってしまう。
(沈黙)

 

いずれも、相手との「ずれ」を広げてしまう
コミュニケーションです。

 

「あの人は、全然分かってくれない……」
などと思わざるを得ない状況にいる場合でも、

もしかすると、
自分の方から相手にうまく伝えていないことが
「分かってくれない」原因である場合もあります。

 

全然理解してくれないと思っていた相手が、

「支えたい気持ちはあるけれど、
伝えてくれないからどうしていいか分からない」

と、悩んでいるケースもあると思います。

 

どちらが悪いということではなくて、
お互いの「ずれ」の問題ですね。

※ということは、「ずれ」を埋めていくための取り組みをしていけば、
関係が改善される可能性が大いにあるということです。

 

本記事で書いた「ずれ」の問題は、
「うつ病」や「対人関係療法」とは関係しない
日常の人間関係においても起こりうることですね。

私自身も気をつけていこうと思いました。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!