あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

やさしいカウンセリング講義 ~対人恐怖の奥底にある感情

今日は、私が3年ほど前に購入して以来
何度も読み返している古宮昇先生の本、
やさしいカウンセリング講義』を紹介します。

本書より引用しながら、
「対人恐怖の奥底にある感情」
というテーマについても書いていきます。

 

●Amazon

 

『やさしいカウンセリング講義』は、
タイトルにこそ『やさしい』とありますが
内容としては本格的なものになっています。

 

★来談者中心療法における
カウンセラーとクライエントの
温かくて豊かな癒しの関係について

★転移/逆転移について

※転移/逆転移の意味は → こちら(過去のブログ記事)

★抵抗について

★人の変化と成長について

 

……など、非常にきめ細かく、かつ
分かりやすく解説されています。

 

そして何と、本書には
有名な『グロリアと三人のセラピスト』のビデオより
カール・ロジャーズ先生(来談者中心療法の創始者)の
セッションを抜き出して書き起こされた逐語記録が
古宮先生の解説付きで載せられています。

 

古宮先生の解説を読むと、
カール・ロジャーズ先生といえども
必ずしも完璧な応答をしていなかったのがよく分かります。

私はそれを読みながら、
一瞬一瞬が勝負であるカウンセリングというものが
いかに難しいかということを改めて考えさせられました。

 

ここで本書より、「対人恐怖」というものを
より深く理解するためのヒントが書かれているところを
引用します。

 

また、わたしたちが強い対人恐怖に苦しむとき、しばしば「周りの人々が自分をジロジロ見ている」と感じることがあります。

その訴えには、「すべての人々がぼくに注目しているはずだ」という信念があります。

そしてその信念の奥に、「すべての人々に注目されなければ空虚で寂しくて耐えられない」という空虚感がうかがえます。

●古宮昇著『やさしいカウンセリング講義』
(創元社/2007/P134)より引用

 

周りの人たちに恐れを感じ、
「こっちを見ないで!」と人の視線に怯えながらも、実は
「寂しいから注目して欲しい」「自分に関心を持って欲しい」という
依存的な感情も併せ持っているということですね。

他にも「拒絶しないで!」「見下さないで!」という恐れの感情も
持っていることが多いと思います。

※対人恐怖の裏に、強い怒りが抑圧されていることも。

 

それらの感情を強く抱き続けているのは、
子どもの頃に親からの注目、関心、愛情を得られたという実感が
乏しいからなのかもしれません。

※辛い場合は、ぜひ信頼できるカウンセラーなどに相談を。

 

表に見えるもの……。

心の奥底にあるもの……。

様々な感情が影響を及ぼし合っています。

 

人の心というものは、とても深いものですね。

カウンセラーの立場としては、
ただただ精進あるのみです。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!