あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

頭の震えと闘った、そして心の中で泣いたSAD体験談

今日は、私の社会不安障害(SAD)と
劣等感にまつわる体験談を。

髪の毛に関する内容が出てきますので、
不快に思われる方は、スルーしてくださいね。

※社会不安障害は、克服済みですプロフィール参照)

 

leaf150804

 

今から15年ぐらい前の話。

それまで髪の毛の量が多く、
すきバサミを使うくらいだった私の髪が、
おでこの方から少しずつ薄くなり始めました。

 

「うわ~どうしよう」

「皆に笑われてしまう」

「薄くなった姿なんて見られたくない」

「薄くなったことを悟られてはいけない」

 

それはもう、焦りに焦って、
追い込まれるような気持ちになりまして……。

特に私の場合、当時は社会不安障害の症状悪化の真っ只中でして、
ただでさえ自信を失った状態なのに、そこに髪の問題が追加されることで、
「もう人生が終わった」というくらい悩んでいたわけです。

 

今から思うと、そのときはまだまだ十分フサフサでしたけどね。

前髪を多めに垂らすことで、
広くなり始めたおでこを隠すことができていました。

 

でも、当時の私には、
「髪が薄いと馬鹿にされる」という信念が形成されていまして……。

「髪の薄さを丸出しにしながら生きていくなんて、自分には無理」
と本気で思っていたわけです。

 

薄い頭を丸出しにして、堂々と生きている人を目にする度に、
「どうしてあんなに堂々としていられるのだろう」と
不思議でしょうがなかったです。

 

私にとっては、そんな人達は「漢」であり、「男の中の男」。

とってもまぶしい存在でした。

(あ、まぶしいというのは生き様のことです)

※ちなみに社会不安障害を克服した今の私も、
まぶしく(頭皮が 笑)生きています。

 

flower150804

 

さて、髪が薄くなり始めたことに本気で悩んだ当時の私は、
救いを求めてある場所に行くことになります。

今でもやっているのかどうかは知りませんが、
当時は発毛・育毛のクリニックで盛んに
「無料育毛体験」ということが行われていました。

 

これは、無料で毛穴の中まで洗浄し、
育毛液を付けてもらえるというもの。

もちろん、無料体験の後には育毛プログラムへの入会は勧められますが、
それでもいいからという思いで、私も行ってきました。

 

「これで救われるかもしれない」

希望と不安を胸いっぱいに抱きながら……。

※カウンセリングを受けに行くときの気持ちと近いかもしれない。
(人それぞれではありますが)

 

知っている人に見つからないように注意を払いながら、
足早にクリニックに飛び込んでいったあの日のことは、
今でも鮮明に覚えています。

女性の施術師さんたちに対して上手く話せなかったり、
震えたりはしていましたが、
頭皮がすっきりして気持ちが良かったです。

 

一通り施術(洗髪を含めて)が終わってから、
頭皮の写真を撮る段階が待っていました。

「え?写真?」

写真を撮られるのが好きではなかった私は嫌な予感を感じました。

 

前髪を持ち上げて、薄くなったところがあらわになるように
ピン止めされて、その部分を一眼レフカメラで接写されます。

 

ピンで止められてから、
「じっとしていてくださいね~」と施術師さんに言われました。

私は緊張のあまりに硬直しながら、
今にも震えそうな頭(首)を何とか押さえ込んでいる状態で、
ひたすらじっと耐えていたわけですが……。

 

写真を1枚撮るたびに、構図を考えたり、
ピントを合わせたりしている施術師さん。

何かと時間がかかりまして……。

その間、私は10秒近く、じっとしている必要があったのです。

 

自分の隠しておきたい部分をピンポイントで直視されながら、
震えそうな頭(首)と闘っていた私。

でも、10秒はやっぱり無理でした(泣)

 

ちょうど施術師さんがシャッターを押すタイミングで、
私がブルブルって頭を震わせると、

「動かないでくださいよ~」

「もう、何で動くんですか!」

と施術師さんに言われました。

 

「そんなこと言ったってね、
僕も震えたくて震えているわけじゃないんだよ」

私は心の中で泣いていました。

 

その写真撮影では、10枚近く撮られたように思います。

(記憶が間違っているかもしれません)

撮影のたびに、ピン止めの箇所を変え、
じっと震えと闘う時間が繰り返されました。

 

そして、毎回震えるたびに、
「もう、いい加減にしてくださいよ~」
と呆れながらも私を軽く責める施術師さん。

 

私はそのたびに自分の中の情けない部分と直面させられ、
自分を責めながら心で泣きました。

そして、ますます写真が嫌いになりました。

 

頭皮の写真を撮る時間。

私にとっては、拷問のような時間でした。

 

※特定のクリニックや無料育毛体験を
非難しているわけではありません。

※「社会不安障害を抱えていた私にとってはこういう体験だった」
ということを書いています。

 

社会不安障害を克服した今では、自分に対して
「無理も無いよね。嫌だったよね。辛かったよね。恥ずかしかったよね」
と言ってあげることができます。

それに、写真が嫌な場合は、
「悪いけど、写真撮られるのは嫌です。やめてください」
と言うこともできます。

 

でも、当時の私にはそれができなかった。

でも、精一杯頑張った。

「当時の私、どんまいです」

 

このような体験談は、山ほどあります。

社会不安障害の当事者としてずっと生きてきましたので……。

 

もしかしたら私と類似の体験(気持ちの面で)をされて、
共感していただけた方もいるんじゃないかなって思います。

その悲しさ、辛さ、怒り、不安、恐怖……。

色々な感情がありますが、
自分がもっと楽になれるように、緩めて(癒して)いくことは可能です。

どうか、あきらめないでくださいね。

 

グループレッスンや個人セッション(2015年8月現在Web募集停止中)では、
私が体験してきたことや学んできたことを精一杯出し切って、
サポートさせていただきます。

 

今日は突然体験談を書きましたが、
どのように感じられましたでしょうか?

長くなりましたが、ここまで読んでくださってありがとうございました。

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!