あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

アダルト・チャイルドが自分と向きあう本 ~共依存と、そこからの脱出

今日は、アスク・ヒューマン・ケアの本、
『アダルト・チャイルドが自分と向きあう本』を紹介します。

本書より引用しながら、「共依存と、そこからの脱出」
というテーマについても書いていこうと思います。

 

●Amazon

 

『アダルト・チャイルドが自分と向きあう本』は、
読みやすくて理解しやすい本です。

深いけれど、回りくどくない。

内容がよく整理されています。

 

1997年に初刷が発行された本書。

今でも刷りを重ねている理由、分かる気がしました。

 

flower0523

 

本書の各章のはじめには、
それぞれ「詩のような」文章が書いてあります。

その詩のような文章が、とても意味深いメッセージになっています。

例えば……

 

あなたが笑ってくれなければ、私は幸せになれない。

あなたが喜んでくれなければ、私は踊れない。

あなたが呼んでくれなければ、私は存在しない。

あなたがいるから私がいる。

私はあなた。 あなたは私。

●『アダルト・チャイルドが自分と向きあう本』
(アスク・ヒューマン・ケア/1997/P108)より引用

 

自分の心を満たす役割(責任)や幸せにする役割(責任)、
存在価値を感じさせる役割(責任)などを
相手に背負わせている形ですね。

※「責任を背負わせることで自分を保つ人」と
「責任を背負うことで自分を保つ人」が、
かっちりはまった(共に依存した)状態です。

※このように、お互いに苦しい関係に依存し、
離れられなくなることを「共依存」といいます。

 

これを背負わされた(または、自ら背負った)相手は苦しいし、
背負わせた本人も、いつまでたっても満たされることはないでしょう。

 

なぜなら……

心を満たすことも、幸せになることも、存在価値を感じることも、
自分自身で責任を背負うことではじめて
自分でコントロールできるものになるからです。

※自分ではどうにもならないことも、もちろんあります。

(その場合、できることに意識を向けて、
できることをやっていくのがいいと思います)

 

相手に責任を背負わせている間(相手の責任を背負っている間)は、
相手の反応や選択に左右されっぱなしで、
いつまでたっても安心できません。

常に不安や恐怖、怒りなどの中で生きている状態に
なってしまいます。

※子どもの頃から心の奥に押し込めてきた(抑圧してきた)
不安や恐怖、怒りなどの感情がそうさせているともいえます。

 

その状態は、本書の詩ではこう描かれています。

 

ここは息ができない。

私がただよう夢の園は、底なし沼だったのです。

どろりとぬるい水の中で、苦しくてたまらない。

●『アダルト・チャイルドが自分と向きあう本』
(アスク・ヒューマン・ケア/1997/P108)より引用

 

「息ができない底なし沼」

 

息ができないほどの、がんじがらめな様子。

相手が相手らしく生きることを許さない。

相手なしでは、自分を保てない。

だから、抜け出せない。抜け出したくない。

 

そういった苦しいスパイラルがよく表現されています。

そして、そこから抜け出す場面は、こう描かれています。

 

もがいて水面に顔を出します。

風がこんなに気持ちいい。

●『アダルト・チャイルドが自分と向きあう本』
(アスク・ヒューマン・ケア/1997/P108)より引用

 

どろりとぬるい水の中から抜け出すときは、
はじめはもがくこともあるかと思います。

なにしろ、今までずっと浸かっていた世界から飛び出して、
新たな領域に行くのですから。

(現状を維持したがる潜在意識のメカニズムも働きます)

 

それでも、他人に過度に依存した状態や
「背負わせ/背負わされ」「操り/操られ」の状態から脱出し、
自分を取り戻す(再構築する)ことができたときには、
「風がこんなに気持ちいい」世界が待っているのです。

 

hana0523

 

ここまで長くなりましたが、最後にお悩みの方に向けて一言を。

 

カウンセリングや心理療法を受けられるときは、
「カウンセラーが勝手に何とかしてくれる」
「カウンセラーが勝手に治してくれる」
という依存的な姿勢になるのではなくて……

※それは、今まで行ってきた
依存的な人間関係の再現なのかもしれません。

 

カウンセラーに話を聴いてもらったり、アドバイスをもらったりしながらも、
「取り組むのは自分なんだ」という気持ちを持って
取り組まれたほうが、明らかにいい結果が出やすいです。

 

もちろん、はじめは大変だと思います。

その大変さや湧いてくる気持ちをカウンセラーに聴いてもらいながら、
自立心を育てつつ、取り組んでいただきたいと思います。

 

「風がこんなに気持ちいい世界」

「あなた自身を生きる世界」

 

そこに辿り着いたとき、あなたの目には
世界はどんな風に映るでしょうか。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!