あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

小さな悩みを消すレッスン ~思い込みが、現実とは180°違うこともあり得る

今日は、精神科医の香山リカ先生の本、
『小さな悩みを消すレッスン』を紹介します。

 

「思い込みが、現実とは180°違うこともあり得る」
というテーマについても書いていきます。

(私のプチ体験談も交えながら書いていきます)

 

●Amazon

 

『小さな悩みを消すレッスン』は、
カウンセリングの事例が5つ載っている本です。

悩みを持つ女性に向けた「自分でできる解決へのヒント」が
各事例に散りばめられています。

 

載っている5つの事例は……

 

①小さな怒りに支配された女性のケース

②不安で仕方がない女性のケース

③「嫌われたくない」で、身動きの取れなくなった女性のケース

④「自分がない」と感じている女性のケース

⑤感情を押し殺してきた女性のケース

 

……と、なっています。

 

セッションを進めながら、先生がどう感じ、どう考え、どのような対応をし、
その結果どうなったか(クライエントさんの反応がどうだったのか)が
1つ1つ描かれています。

悩みを持つ女性が対象の本ではありますが、
カウンセラーの勉強用としても優れた本だと感じました。

 

読みながら何度も「さすがだなぁ」と思いましたし、
本書を通して香山先生の考え方やキャラクターに触れ、
今までよりも先生を身近に感じることができました。

 

flower0511

 

ここで、5つの事例の中から
「②不安で仕方がない女性のケース」を取り上げます。

取り上げた後に、
「思い込みが、現実とは180°違うこともあり得る」
というテーマにつなげていきたいと思います。

 

まずは、事例の内容を簡単に紹介します。

********************

「不安で仕方がない27才の女性のケース」

自分のやりたいことを我慢し、個性さえも押し殺し、
両親の期待に沿い続けてきました。

 

「自分が自由に行動すると、両親を悲しませてしまう」

そういった思いに、ずっと束縛されながら生きてきました。

 

ところが、香山先生のカウンセリングを受けた後の彼女は、
「自分のやりたいことをやる」ということを実行し始めます。

ジャズボーカルに、パックツアーではないニューヨークへの旅行など。

 

そうしたら何と。

彼女がずっと「悲しませてしまう」と思い込んでいた両親が、
彼女のやりたいことを積極的に応援してくれました。

 

「自分が自由に行動することを、両親が喜んでくれた」

今まで彼女を束縛してきた思い込みとは、全く逆の現実がありました。

********************

……という内容の事例です。

 

自分がこれまでの体験や周囲からの影響などによって
身につけてきた「思い込み」。

彼女のケースのように、「現実とは180°違う」ということもあり得ます。

 

流れゆく時間の中で、自分が変わっていくのと同じように、
親(や他の人)の姿勢や考え方も変化しているかもしれません。

そもそも自分が子どもだった頃は、親も今よりずっと若くて、
親自身が成長の過程における悩みの渦中にいたかもしれません。

 

完璧な人なんてどこにもいませんし、
人は体験や学びを通して変わり続けます。

どのように、どのくらい変わるかにつきましては人それぞれですが……。

 

私たちが子どもの頃に身につけた「思い込み」が、
今でも本当にその通りなのか?

確認してみる価値は、大いにありますよね。

 

子どもの頃からの「思い込み」が、今の現実とは全く違っていたというのは、
私自身も何度も実感したことがあります。

例えば、両親との関係も、
今では子どもの頃とは全く違った穏やかなものになっています。

そうなれるまでの過程において、
「思い込みが、今の現実とは180°違う」と気づいたことが
何度もありました。

 

今では、私が子どもの頃、お互いにピリピリしていたのが嘘のようです。

子どもの頃の私は、「自分は、この家の子どもではない!」と心を閉ざし、
常に反発していました。

そういった時期も、私にとって(両親にとっても)
必要な学びだったのだと思います。

 

私たちが子どもの頃に身につけた「思い込み」が、
今でも本当にその通りなのか?

「いつものパターン」からちょっとだけ抜け出して、確認してみませんか?

(ここまで読んでくださった、あなたへのメッセージかもしれません)

 

私も親との関係に限らず、これからも確認していこうと思います。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!