あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

「花粉症」が不安やドキドキを増長させる?

実は私、子どもの頃からアレルギー体質で、
鼻をグズグズさせていることが多いのですが……

 

2月~4月にかけてのこの時期(杉花粉の時期)、
特に、花粉症にどっぷりはまります。

この記事を読んでおられるあなたは、いかがでしょうか?

 

sugikahun

↑杉さんには罪がないのですが……この時期は近づきたくないです。

 

アレルギーや花粉症の症状は、
身体の「免疫系のバランスの乱れ」が
大きく影響していると言われています。

 

鼻水、鼻づまり、目のかゆみ、充血、皮膚のかゆみ、
くしゃみなどの症状……

しんどいですよね。

それらの症状は全て、
「免疫系のバランスの乱れ」が関連しています。

 

そして私の場合、上に書いた症状だけでなく
以下の症状も伴います。

 

・何となく力が出ない(エネルギーが消耗している状態)

・ドキドキしやすく、いつもより弱気になりやすい、緊張しやすい

 

「花粉症」かつ、不安障害でお悩みの方の中には
同じ傾向をお持ちの方もおられるのではないでしょうか?

 

「免疫系のバランスの乱れ」と「花粉症」。

これらが、身体の抵抗力の低下を招き、
自律神経のバランスの乱れを招きます。

 

自律神経のバランスが乱れると、
交感神経の過剰な活動などにより動悸が起こりやすくなります。

また、不安も感じやすくなり、緊張もしやすくなります。

(不安障害の場合は、その症状も増長させます)

 

私は自分の症状と、今まで学んできたことから
そんな風に考えるようになりました。

「たかが花粉症」という感じでは全然ないですね。

心の状態にも、確実に影響していると感じています。

 

……というわけで、「花粉症の症状」と
「いつもよりドキドキしやすく力が出にくい状態」にはまっている私ですが、
このままではいかんと思い、対策も取っています。

 

花粉症を引き起こす「免疫系のバランスの乱れ」。

「免疫系のバランス」には、
腸内環境が大きく関係していると言われています。

そこで私は、ハーブを使った「腸内洗浄」を行うことにしました。

 

どんなハーブを使っているのかといいますと……

 

chounaisenjyou

 

左の缶は「エバシェリーン」。成分はセンナです。

以前から時々使っていますが、しばらくなおざりになっていました。

シンプルにストレートによく効く印象があります。

 

●Amazon

 

写真右側の2つの袋は、
「HERB CLUB」さんの「X超蘇(エックスチョウソ)Ⅰ・Ⅱ」。

今回は「エバシェリーン」ではなく、こちらを使用しています。

(評判が高い商品なので、好奇心と期待を込めて)

 

「HERB CLUB」で検索すると、販売サイトが出てきます。

いくつかのハーブが組み合わされた本格的な商品で、
腸を保護する成分も入っています。

摂取する量にもよりますが、
「エバシェリーン」よりもマイルドな印象です。

 

Ⅰが粉末、Ⅱがカプセルなのですが、
Ⅰを飲むとき口の中にへばりついて飲みにくいので、
オブラートに包んで飲んだ方がよさそうです。

(ハーブの話はここまで)

 

腸内洗浄の他にも心がけていることがあります。

それは、納豆やヨーグルトや野菜をよく食べること。

逆に、グルテンを含む小麦食品は減らしています。

 

※小麦のグルテンが及ぼす腸への悪影響については、
解説しているサイトが多数ありますので、
興味のある方は検索してみてください。

 

あとは、「笑う」ということも有効ですね。

ウィルスなどから身を守るNK細胞(ナチュラルキラー細胞)が活性化し、
「免疫系のバランス」を整えることにつながります。

 

以上のことを行っているからか、
私の「花粉症」の症状やドキドキはここ数日間、緩和されてきています。

花粉情報のサイトを見ると、今日も花粉が多い日となっていますので、
効果があったのだと思います。

 

ここまで長くなってしまいましたが、最後にまとめます。

 

不安障害と花粉症の両方にお悩みの方で、
この時期ドキドキや不安が強まる方へ。

心の面での取り組みを続けながら、
身体の面にも気を配りましょう。

そのドキドキや不安には、花粉も影響しているかもしれません。

 

今日の記事でピンと来るものがありましたら、
取り組んでみてください。

お互い、この時期を乗り切りましょう!

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!