あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

子は親を救うために、心の病になる

高橋和巳先生の本、
『子は親を救うために「心の病」になる』を読みました。

 

●Amazon

 

この本には、親の心の未解決な問題や子どもへの関わり方が、
どのような経緯で子どもの心の症状につながるのかが
事例付きで書かれています。

 

載っている事例は、

・子どもの引きこもりと家庭内暴力

・子どもの摂食障害

・児童虐待

・子どもに付きまとう孤独感(親の発達障害による)

です。

 

tree150121

 

親が無意識のうちに行っている一方的なゆき過ぎた要求や期待が
子どもの心に負担を与え続け、
いつしか子どもはそれを抱えきれなくなる……。

そのような状況の中でも、子どもはやはり
親のことを思い、気づかっている……。

そんな子どもの純粋な思いがよく伝わってくる本でした。

 

子どもがずっと欲しかった言葉を
親がようやく口にした瞬間。

子どもが心の症状を通して訴えていたことを
親がようやく理解して、それが子どもに伝わった瞬間。

 

互いの心がふっと緩む瞬間。

親と子どもが心の交流を再構築していく過程には、
温かさがありますね。

 

児童虐待の章にあった

自分を肯定できれば、子どもを否定することはない。

子どもを肯定できれば、自分を否定することもない。

虐待は消える。

●高橋和巳著『子は親を救うために「心の病」になる』
(ちくま文庫/2014/P164)より引用

 

……という言葉が印象的でした。

 

『子は親を救うために「心の病」になる』

上に書いた事例でお悩みの方にいいヒントをくれる、
子どもの温かさに触れることができる本です。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!