あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

ゲシュタルト療法 ~「症状」ではなく「身体の表現」

百武正嗣先生の本、
気づきのセラピー はじめてのゲシュタルト療法
を読みました。

今日は、その本の簡単な紹介と
ゲシュタルト療法とフォーカシングの共通点、
手の震えなどの身体症状についてなど、書いていきます。

 

●Amazon

 

『気づきのセラピー はじめてのゲシュタルト療法』には、
ゲシュタルト療法の基礎となる”身体感覚との付き合い方”や、
「エンプティ・チェア」「勝ち犬と負け犬のワーク」など、
ゲシュタルト療法の様々なワークについて解説されています。

 

私は本書を読んで、改めて
ゲシュタルト療法とフォーカシングは似ている……というか、
共通の部分が多いなぁと思いました。

 

★ゲシュタルト療法とフォーカシングの共通点

・「今、ここ」にある身体感覚に意識を向ける

・身体(感覚)に、声をかける。声を聴く。

・身体感覚を経験する。

・身体感覚と共にいる。

・身体感覚を言葉やイメージで表現する

……など、共通点はとても多いです。

 

それはどういうことかと言いますと、
フォーカシングの理解を深めるために
ゲシュタルト療法を学ぶことは、とても有効だということ。

同時に、ゲシュタルト療法の理解を深めるために
フォーカシングを学ぶことも、とても有効だということ。

 

私は、そんな風に考えています。

※「エンプティ・チェア」などは、
私も何度かセッションで活用したことがあります。

 

『気づきのセラピー はじめてのゲシュタルト療法』には、
私が普段から意識している、こんな内容も書かれていました。

 

ゲシュタルト療法はそこの部分を「症状」とは考えず、からだが「表現している」ととらえます。

●百武正嗣著『気づきのセラピー はじめてのゲシュタルト療法』
(春秋社/2009/P167)より引用

 

「症状」とは考えずに、からだが「表現している」ととらえる。

例えば、今の私。

のどの痛みが引いた代わりに、くすぐったい状態。

その、のどにあるくすぐったさを「身体の表現」ととらえ、
それを意識したり、それと対話したりしています。

 

その行為は、フォーカシングであり、
ゲシュタル療法でもあると言えます。

 

「症状」ではなく「身体の表現」。

・手の震えも

・赤面も

・ドキドキ(心悸亢進)も

・緊張のあまりの硬直も……

 

「症状」ではなく「身体の表現」。

そうとらえて、「身体の表現」に意識を向けて、
じっくり感じ(経験し)、対話することで
今まで気づけなかった何かに気づけるかもしれません。

 

あなた様の「身体」は、何を伝えたがっているでしょうか……?

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!