あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

『大笑い!精神医学』 ~「適切に」

今日は、内海聡先生の本、
大笑い!精神医学』を紹介します。

読んだ感想と、薬物治療についてを少し書いていきます。

 

Amazon

 

『大笑い!精神医学』は、
精神医学の悪しき側面を徹底的にとり上げた本です。

 

精神医学が発達してきた歴史をさかのぼりながら
発達の裏にある真の計画(と著者が語るもの)について解説されています。

また、薬物治療というものを完全に否定し、
様々な切り口から、いかに薬物が悪いものであるかについても
主張されています。

 

読みながら、確かに納得できる面もありましたが、
「それはちょっと言い過ぎでは……」と思ったところや
「裏付けが足りないのでは……」と思ったところもありました。

 

確かに、精神科の薬物には
種類や量が適切でないと、欲しい効果が得られなかったり、
副作用のリスクがあったりします。

けれども、精神医学や薬物療法の発達によって救われている方も
大勢おられるはずです。

(例)統合失調症患者の社会適応など

 

だから、薬物を完全に否定するのではなくて、
「適切に」用いられるということが重要なんだと、
個人的には考えています。

いずれにしても、本書のような否定的な見方を含めて
様々な観点で精神医学について学ぶことは、
理解を深めるのに役立ちますね。

 

私としては、カウンセラーや心理臨床家の領域、
つまり、薬を使わない領域において、
勉強と実践を通してずっと成長し続けていきたいと思っています。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!