あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

転移/逆転移 ~私が味わった恐怖

今日は、今読んでいる本
新版 転移/逆転移』を紹介します。

私の逆転移の体験談(失敗談)なども
書いていこうと思います。

 

●Amazon

 

本の紹介の前に、
「転移」「逆転移」って何?という方のために
それらの意味を、大ざっぱに
(ユング派、フロイト派の違いなどを考慮せずに)
書いておきますね。

 

「転移」
クライエントが、過去に親など重要人物に
向けたのと同じ感情・態度を カウンセラーに向けること。

「逆転移」
クライエントからの言動(転移)に刺激されて、カウンセラーが
私的感情(好意、嫌悪など)・態度をクライエントに向けること。

 

「転移/逆転移」の感情に飲み込まれずに、
それをいかにカウンセリングに活かしていくかというのが
いいカウンセラーで有り続けるための
(永遠の)テーマの一つであると思います。

 

ここから本の紹介に入ります。

『新版 転移/逆転移』は、氏原寛先生や成田善弘先生を含めた
著名な実力ある先生方12名が書かれた
「転移/逆転移」に関する論文を集めた本です。

 

「転移/逆転移」に飲み込まれずに活かしていくためには
カウンセリング関係の中で、自分とクライエントに
何が起こっているのかに気づくことが必要ですが、

本書は、その気づきのセンサーの感度と、
理解力・分析力を向上させてくれるような本です。

(ただし、そう簡単なことではないです)

 

私は本書を読みながら、心地よいぞくぞく感を感じました。

内容の素晴らしさに感動し、
「こういう本が欲しかったんだ」と
魂が喜んでいるように感じました。

 

ここから私の体験談(失敗談)を。

実は以前、時間・場所・役割などの枠組みをしっかり設けずに
安易に行ってしまったカウンセリング・セッションにおいて
相手が陽性転移(カウンセラーに特別な好意を抱くこと)
を引き起こしたことがあります。

その結果、私は相手に数ヶ月間に渡り、
付きまとわれることになりました。

 

相手の中に「私(A-1)の知らない私像」が形成されて、
「私の知らない(2人の)ストーリー」が勝手に展開される。

それを私が否定しても、相手には決して伝わらない。(防衛)

私の感情などお構いなしに、
それがあたかも当然であるかのように
私を自分の領域に引き込もうとしてくる。

あるいは、私の領域に踏み込んでくる。

 

そのとき、私は何とも言えない不気味さと
つかみどころのない恐怖を感じました。

 

『新版 転移/逆転移』には、
本を何冊も書いておられるような著名な精神科医が、
転移/逆転移によって恐怖を感じた事例が
載せられています。

私はそれを読んで、
「すごい先生でも、やっぱり恐怖を感じるんだな」と
少し安心することができました。

心のどこかで、
「恐怖を感じてしまった=専門家としてふさわしくない」
というレッテルを自分に貼っていたようです。

 

『新版 転移/逆転移』は、カウンセラーとしての私を
向上させてくれるとても深い本です。

何度も読み返しながら、自分のセッションに
活かしていこうと思います。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!