あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

シック・マザー ~自責の迷路から子どもを救おう

今日も前回に引き続き、岡田尊司先生の本
シック・マザー』を参考にしながら書いていきます。

 


●Amazon

 

母親が、うつ病などの精神疾患を抱えていると、
多くの場合、子どもにマイナスの影響を及ぼします。

しかし、それに対して、なす術がないというわけではありません。

子どもへの悪影響を減らす方法は、存在します。

 

「お母ちゃんは病気だから、あんなふうになっているだけだ。本当は優しくて、お前のことを大切に思っているんだ」と言われるだけで、子どもは、現実を肯定的に理解し、安心することができる。

●岡田尊司著『シック・マザー』(筑摩選書/2011/P236)より引用

 

話しかけても応えてくれない、うつ状態の母親の反応に対して、
わけが分からず、最終的に
「自分が悪い子だからいけないんだ」と
思い込んでしまった子どもたちは、たくさんいると思います。

 

何も悪いことをしていないのに、自分を責めてばかりの子どもたち。

いつも大人の顔色ばかりを伺いながら、
張り詰めた緊張の中で生きている子どもたち。

 

そうなってしまう前に、

「お母ちゃんは病気だから、あんなふうになっているだけだよ」

「お前は悪くないんだよ」

と、現実に起こっていることを、
子どもにも理解できるように教えてあげたいですね。

 

操作的ではなくて、あくまで愛情を持って伝える形で……。

 

自責の迷路に迷い込んでしまいそうな子どもたちや、
迷い込んでしまった子どもたちが、
希望を取り戻して、前を向いて歩いて行けるように。

大人にできること、やってあげたいですね。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!