あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

東山紘久先生の『来談者中心療法』を発見!

心理療法や精神医学の本の中には
内容が素晴らしいのにも関わらず
あっさり廃版になってしまうものがよくあります。

「今度買おう」と思いながら、のんびり構えているうちに、
新品の在庫がなくなってしまい、
新品より高価な中古(しかも傷んだ)しか選べなくなってしまうのです。

 

私自身、そんな目に何度もあいまして、
今では、「名著発見→即購入」と決めています。

(そんな理由で、私の部屋は、まだ読んでいない書籍でいっぱいです)

 

実はここまでが前置きで、ここからが本題です。m(_ _)m

 

2年半ほど前、カウンセリングの勉強をし始めた頃に
良さそうな関連書を100冊程度、大人買いしたことがあります。

(大人買いといっても、2~3ヶ月に分けてですが)

その時に、欲しいのに買わなかった(買えなかった)本が
一冊だけありました。

 

その本とは、東山紘久先生の『来談者中心療法』です。

 


●Amazon

 

今日、久しぶりにチェックしてみたら、
何と、新品が販売されているじゃありませんか!

(知らなかった!)

実はこの本、2年前は絶版になっていて、入手困難でした。

確か、程度の良くない傷んだ中古で、
8,000円くらいの価格が付いていました。

 

当時私は、
「こんなボロボロの本ならやめておこう」
と購入するのをためらいました。

それ以来、東山紘久先生の『来談者中心療法』は
私にとって、
手に入れたいけど手に入らない幻の本(大げさですが)として
遠い憧れの存在になっていました。

 

それが何と、普通に販売されていたとは!

(知らなかったのは私だけかも 笑)

もちろん、見つけた瞬間、[カートに入れる]を押しました!

 

早ければ明後日かな。

憧れの本が届きます。

(ただし、内容は未確認。でも、東山先生の本だから間違いないはず)

 

今日は、嬉しかったので、とりとめのない個人的な話を
ついつい書いてしまいました。m(_ _)m

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!