あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

やきそば牛丼食べてきました

昨日、すき家に行ったら、新しいメニューが追加されていました。

そのメニューとは、「やきそば牛丼」です。

どんな味がするのか確かめてみたくなったので、早速オーダーしてみました。

 

yakisoba

↑ 紅しょうがは、自分でのせました。

 

まず、牛丼の上にのっている、焼きそばだけを食べてみました。

特に牛丼用にアレンジされたような味ではなくて、
焼きそばとして普通に美味しかったです。

 

次に、「やきそば牛丼」として、まとめて食べてみました。

すると、下に埋まっている牛丼の牛肉&玉ねぎの存在感よりも
上にのっている焼きそばの存在感の方が大きく感じられました。

割合でいうと、7:3くらいでしょうか。

(量の割合ではなくて、存在感の割合です)

「ご飯の上に麺をのせて食べている」

そんな印象が強かったです。

 

別に牛肉&玉ねぎの量が少なかったわけではありません。

なのに、焼きそばの存在感を強く感じたのは、
きっと、こういう理由によるものだと思います。

牛丼の牛肉&玉ねぎが、牛丼の具としての立場を離れ、
上にのせられた焼きそばの具となってしまったから。

そういえば、焼きそばには普通、肉や玉ねぎを入れますよね。

だから自然に、焼きそばの具になることができた。

 

だから私が食べたのは、

「焼きそばの麺を上にのせた牛丼」

ではなくて、

「肉入り焼きそばを上にのせたご飯」

だったのだと思います。

 

ああ、しっくりきた(笑)

 

まぁ、どちらでもいいですが(笑)

いずれにしても、次回は普通の牛丼を食べようと思います。

※まずかったからではなくて、牛丼を食べた気がしなかったからです。

無理に上にのせなくても、良かったんじゃないかな(^-^)

 

coffee

 

すき家のホットコーヒーって、フェアトレード製品だったのですね。

このメニューを見て、何だか嬉しくなりました(^-^)

味もクセがなくて、美味しかったです。

これからは、コーヒーも積極的にオーダーしようと思います。

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!