あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

本当に、本当に、震えていたんです(朝礼当番の体験談)

最近、クライエント様やグループセラピーの参加者様に
よく質問されます。

「先生、本当に震えていたんですか?」

 

今の私だけを見ると、
震えていたようには見えないかもしれませんが、
本当に、本当に、震えていたんです。

今日は、震えていた頃の朝礼当番の様子を、
当時を思い出しながら書きますね。

 

uozu

↑「どうして僕はいつもこうなんだろう……」
震えてしまった後、優しくなぐさめてくれた海の景色と波の音。
放心状態で、ずーっと眺めていました。

 

それでは、「朝礼当番の体験談」のスタートです。

(私が会社員だった頃の話です)

※緊張場面のフラッシュバックが起こる方、
ここから先は読まれないようにお願いします。

 

********************

「前回の朝礼当番の日は休んだから、今日は休むわけにはいかない」

さすがに、朝礼当番が回ってくるたびに会社を休むわけにはいきません。

私は心臓をバクバクさせながら、
重い気持ちで会社に向かって車を走らせました。

 

運転をしながら深呼吸をやってみましたが、
全然役に立ちませんでした。

会社に近づくにつれて、緊張はどんどん高まっていきました。

 

会社に着いてから、朝礼開始のチャイムが鳴るまでの時間。

皆の前で、さらし者になるまでの「カウントダウン」。
(当時の私の感覚)

 

ああ、あと3分。

あと2分。

あと1分、ああ……。

 

怖くて、逃げ出したくて、ドキドキ、バクバク。

顔も引きつり、同僚と会話しようとしても声が上ずり、
思うように話せません。

 

「どうせ失敗するに違いない」

「また、皆に馬鹿にされる」

「このまま消えてしまいたい」

 

絶望的なグルグル思考に陥っている間にも、
無情にも刻々と運命の時は近づいてきます。

 

「うまくやらねばならない」

「馬鹿にされてはいけない」

 

自分で自分を、どんどん追い込みました。

そして、そんな状態のとき、朝礼開始のチャイムが鳴るのです。

 

朝礼では、だいたい10~15名ぐらいのグループで、
立った状態で輪になります。

その輪の中には、厳しく目を光らせている上司もいれば、
私の緊張具合を察知して見ないふりをしてくれている
同僚やメンバーさんたち(私の当時の部下または、
私がリーダーを務めていたグループのメンバー、
私が技術的な面で指導を行っていた人たちなど。
以下、メンバーさんたちという表現に統一)もいました。

 

その同僚やメンバーさんたちの配慮にはありがたさを感じましたが、
同時に「自分の情けなさに直面」することにもなり、
心がとても痛かったです。

ちなみに、当時の私よりも、メンバーさんたちのほうが、
私の100倍上手に朝礼当番をこなしていました。

(悔しくて、情けなくて、恥ずかしくて……朝礼当番が上手くできない分、
仕事やメンバーさんたちへのフォローを一生懸命やりました。
自分の存在価値を、自分で感じたかったんだと思います)

 

さて、チャイムが鳴り、私の朝礼当番が始まりました。

「○月○日○曜日、朝礼をはじめます」

「まずは、伝達事項のある方、よろしくお願いします」

 

……と、スラスラ言えるわけがない。

こんなに短くてシンプルな内容なのに、
実際はというと……

「ま、まままるがつ、まるにち、ままるようび……
ちょうれいを……は、はじめ…(声は震えている)」

「ままずは、でんたつじこう…お願いします…(声はどんどん小さく)」

 

声は震え、手や足、頭も震え、肩は硬直し、
真っすぐ立っていることもできない。

皆の視線が突き刺さり、私は身動きすら取れない。

(傾いて立っている変な姿勢を自覚はしているが、
それを正すことができない。怖くて)

 

吃音も出て、こんなに短いシンプルな内容でさえ、
短縮しながらやっとのことで声を出す。

 

ドキドキ、バクバク。フラフラ。

そして、身動きが取れないほどの硬直。

少しでも動こうとすると、体全体、頭も首も震えまくり。

しかも、見られたくないし、悟られたくないから、
必死で何事もなかったように振る舞う。

いや、振る舞えてなかったけれども、
素直にそれを認めて丸出しにすることなど、
当時の私には怖くてできなかった。

 

そうこうしているうちに息が苦しくなってくる。

皆の視線が集まる中、深呼吸できる余裕もない。

大きく息をしている音も聞かれたくない。悟られたくない。

仕方がないから息を止める。

その反動で、結局大きく息を吸う。

ハァハァ。

「ダメだって。大きく息をしちゃ。変に思われてしまう!」

 

もがいているうちに、どんどん息苦しさは増してくる。

意識が遠のいてきた。

ああ、もうだめかも。倒れてしまいそう。

でも、僕は朝礼を進行せねば。

ダメなやつだと思われてしまう。

 

頭や首は、あいかわらず震えている。

「震えないでくれ!止まれ!止まれ!皆に見られてしまう!」

でも、全然止まらない。

 

声を出そうにも、最初の一音が出てこない。

出る前から喉と首が震えている。

そして、誰にも聞こえないような小さな震えた声を、
やっとの思いで振り絞って出す。

 

その声を聞いて、皆があっけにとられているようだ。

「ああ、またやってしまった…」

そして、誰かのフォローによって、
朝礼は勝手に進行していく……。

(そもそも朝礼当番などいなくても、朝礼は進行されていくのです)

 

そして、朝礼終了。

この時点で、私は頭が真っ白で、
自分が何を言ってどこまでできたのか、
よく分かっていない状態でした。

 

ただただ感じていたのは……

「ああ、恥ずかしい…」

「なんて僕はダメなやつなんだ…」

「他の人は、あんなにスラスラ話しているのに…」

「またやってしまった…」

「僕なんてここにいる資格がない…」

「皆に馬鹿にされているにちがいない…」

「こいつなんていらないと思われているに違いない…」

「誰とも話さず、この場から消え去りたい…」

「誰も僕のところにこないでくれ…」

「誰も僕のことを見ないでくれ…」

「時間よ早く過ぎてくれ…皆が早く朝礼のこと忘れるように…」

 

情けなくて、恥ずかしくて、惨めで仕方なかったです。

(同じような体験をされている方へ。私も同じだったのです)

 

以上、朝礼当番のときの私の実体験でした。

(ちなみに、上記の症状は全て、今では克服できています)

 

********************

そうそう、震えといえば、こんなこともありました。
(これも、本当に辛くて惨めでしたね)

頭の震えと闘った、そして心の中で泣いたSAD体験談
(リンクは過去記事)

 

ここまで長々と書きました。

以上のように、
「先生、本当に震えていたんですか?」の答えは…

「はい、本当に震えていたんです」となります。

 

ただし、クライエント様&参加者様のご質問を、
別の観点から考えると、ある意味、
今の時代を表わす的確な質問なのかもしれません。

と言いますのは……

 

カウンセラーが、自分を売り込むために、
本当は体験していないのに、ある日突然自分のプロフィールに
「パニック障害の当事者」などといった言葉を付け足し、
体験者・克服者のふりをするケースもあるからです。

(ブランディング&マーケティングの一環として)

 

その目的は、集客のため。

でも、それはある意味、クライエント様を欺く行為でもあります。

簡単にそれをやってしまうような思考・行動パターン
(自分さえよければそれでいい等)を持つカウンセラーは、
私だったら、自分の悩みを打ち明ける相手として信頼できません。

真実に基づいた一貫性って、ものすごく大事なことだと思います。

 

事実とは違ったキャラを作り出したり、演じたりせずに、
ただ「あるがまま」の自分をそのまま見せる。

「あるがまま」の自分でクライエント様とかかわる。

(クライエント様とお会いする前には、
毎回自分のエネルギーの調整・整えはしています)

 

私は「あるがまま」を提唱する一人として、
その姿勢は貫いていこうと考えています。

 

********************

●不安障害 克服へのプロセス

不安障害(社会不安障害、パニック障害等)を克服するプロセスは、
上がったり下がったりを繰り返しながらも、
全体的には克服に一歩一歩近づいていくようなイメージです。

一時的に落ち込んだり、逆戻りしたと感じるようなことがあったとしても、
前を向いて取り組んだことは、必ずプラスとして蓄積されています。

ほんの小さなことでも構いませんので、
不安障害の克服につながる「できること」を積み重ねていきましょう。

そして、取り組んだ後は、
「よく頑張ったね」と自分のことを褒めてあげてくださいね。

「何を」「どのように」取り組めばいいのか分からない方、
もっと自分に合わせた方法を知りたい方、
専門家に相談しながら無理なく効果的に取り組みたい方は、
私の
個人セッション】【グループセラピーをご利用ください。

確かな内容で、かつ丁寧にサポートをさせていただきますね。

********************

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!