あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

死にたいままで生きています

咲セリさんが、ご自分の体験を綴られた本、
『死にたいままで生きています。』を読みました。

 

●Amazon

 

咲さんは、思春期の頃から依存症、強迫性障害、
境界性パーソナリティ障害、双極性障害などを抱えておられ、
ご自分のココロ(辛い症状)と戦ってこられた女性です。

『死にたいままで生きています。』には、
そんな咲さんの戦いながら生き抜いてきた体験の数々が、
赤裸々に描かれています。

 

「ただただ愛されたかった…」

その思いや欲求が衝動となり、
様々な、自分自身を苦しめるような行動を起こしてしまいます。

読みながら、咲さんの苦しさがひしひしと伝わってきました。

 

私は物心ついた頃から、自分以外の人や動物に異常なまでの感情移入をした。

心を病んでから、なおそれは激しくなった。

●咲セリ著『死にたいままで生きています。』(ポプラ社/2015/P81)より引用

 

咲さんには、遠い国で起きている戦争や住処を追われる動物たちに対して、
「自分が何もできない」ことを辛く感じ、
どんどん落ち込んでいくような傾向がありました……。

それに対して、「自分と他との境界線の不安定さ」とか、
ご自分の辛さと重ね合わせて感じているとか、自責の傾向とか、
言うのは簡単ですが……。

 

私は「境界線が不安定」なだけでなく、「愛されたい」だけでもなく、
「愛したい」咲さんの存在も強く感じました。

その「愛したい」の対象の中には、自分以外の人間や動物だけでなく、
「咲さんご自身」のことも、きっと大きく含まれている。

そんな風に、私は感じました。

 

tree160703

 

「人や動物を愛したい」

「自分自身のことも愛したい」

そして、

「人や動物、自分に対して、愛おしさを感じている自分
(愛することができている自分)と出会いたい」

そして、さらに、

「自分の中にある愛を、自分以外の人や動物と分かち合いたい」

「愛でつながりたい」

 

私は、いろいろな感情が入り混じっているのを、読みながら感じました。

でも、これは、あくまで今回私が感じたことで、
事実と合致しているかどうかは、本を通してだけでは分かりません。

また、次回もう一度読むと、また違ったように感じるかもしれません。

その辺は、お許しを。

 

もともと「愛を心にたくさん持つ女性」である咲さんが、
子どもの頃の環境からは「愛されている」ことを感じられなかったし、
「咲さんの中にある愛」も、人からは大切には扱ってもらえなかった。

愛を心にたくさん持っているからゆえに、
愛を感じられなかった現実とのギャップがより大きくなり、
さらに彼女を苦しめた。

そんな風に、私には思えたのです。

(脳機能、神経伝達物質の障害という側面は、横に置いておいて)

 

咲さんは、自動販売機の陰でみつけたネコさん
~骨と皮しかない状態で、病気にもかかっていた~
を、連れ帰って一生懸命世話をしました。

そして、そのネコさんと同居できる家に引っ越すために、
全く素人だった在宅Webデザイナーの仕事を始めます。

 

全くの素人の状態からインターネットで調べながらの独学で、
専門職として成り立たせてしまった咲さん。

これは、ものすごくエネルギーの
いることだったのではないかと思います。

 

ひょっとすると、双極性障害の影響(躁転?)があるのかもしれませんが、
私には真似ができないなと思いました。

全ては、ネコさんと一緒に暮らすための頑張り
(衝動的なもの含めて)です。

すごいエネルギーであり、
そこには前述したような「愛」があるように感じました。

 

咲さんが「治るのではなく成長する」(P118)過程において、
旦那さんのサポートが大事な役割を果たしています。

そこには、決して見捨てず向き合ってくれた
旦那さんの大きな「愛」があります。

 

「愛」に苦しむココロを救うのは、
やっぱり「愛」なんだなぁと思いました。

私自身も、クライエントさんに対して、
「愛」(恋愛ではない、執着でもない、自立した純粋なもの)を、
よりたくさん持って、かかわっていこうと思いました。

 

●Amazon


********************

●不安障害 克服へのプロセス

不安障害(社会不安障害、パニック障害等)を克服するプロセスは、
上がったり下がったりを繰り返しながらも、
全体的には克服に一歩一歩近づいていくようなイメージです。

一時的に落ち込んだり、逆戻りしたと感じるようなことがあったとしても、
前を向いて取り組んだことは、必ずプラスとして蓄積されています。

ほんの小さなことでも構いませんので、
不安障害の克服につながる「できること」を積み重ねていきましょう。

そして、取り組んだ後は、
「よく頑張ったね」と自分のことを褒めてあげてくださいね。

「何を」「どのように」取り組めばいいのか分からない方、
もっと自分に合わせた方法を知りたい方、
専門家に相談しながら無理なく効果的に取り組みたい方は、
私の
個人セッション】【グループセラピーをご利用ください。

確かな内容で、かつ優しく丁寧にサポートをさせていただきますね。

********************

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!