あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

もう一人の自分を育てていくということ

今日は、村山正治先生監修の
「フォーカシングはみんなのもの」という本を紹介します。

私が常々大事にしている「感じる」ということについても
触れていこうと思います。

 

●Amazon

 
「フォーカシングはみんなのもの」は、
簡単に取り組めるものからより専門的なものまで
31のグループワークが紹介されている本です。

 

「各種グループワークにおいて、どんな体験が起こるのか?」

その本質を読み取ろうとしながら、私は時々目を通しています。

そして、「この部分は使いたいな」とか「自分だったらこうしたいな」とか
頭の中で思考(アイデア)を膨らませています。

 

leaf160111

 

これまで十数回以上、フォーカシングのワークに参加してきましたが、
本書に書いてあるいくつかについては、
そのものズバリを体験したことがあります。

 

例えば……

こころの天気(リンクは過去記事)

※心の感じを天気として描画する方法です。
(太陽を描いたり、雲を描いたり、雨を降らせたり……)

 

そのときのワークをしていた自分は、
どんな気持ちで何を感じていたのだったかな?

本書を読みながら、そんなことを思い出したり……

 

一緒にフォーカシングを取り組む仲間たちとの
距離がぐんぐん縮まる感覚や、自分では気づかなかったけれど、
人から言われて「確かにそうだ!」と思えた体験……

そんなことも懐かしく感じたりしました。

 

私のグループレッスンや個人セッションを体験された方は
お分かりの方が多いと思いますが、
私は「自分の中にあるものを感じる」ということを、
ものすごく大事にしているカウンセラーです。

 

じっくり感じるということは、未完了な感情を消化すると共に、
客観的に自分の内面を見つめることのできる(モニタリングできる)
もう一人の自分を育てていくということでもあります。

それは、自分の感情に飲み込まれないということにもつながります。

 

※不安障害でお悩みの方、
自分の内面で何が起こっているのか(何を感じているのか)を
じっくり見つめる練習をされることをおすすめします。

(ただし、苦しくならない程度に。無理せず、ご自分のペースで)

 

これからも「感じる」ということを、とことん大切にしながら、
より一層クライエントさんに寄り添えるカウンセラーになれるよう、
努力していきますね。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!