あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

不安・恐れ・心配から自由になる「マインドフルネス」~不安と共に進む

最近、久し振りに
『不安・恐れ・心配から自由になるマインドフルネス・ワークブック』
を読み返しました。

 

●Amazon

 

この本は、「マインドフルネス」と「ACT」(意味は下に記しています)
のワークブックです。

主に、不安障害の方を対象としています。

 

★「マインドフルネス」とは……

「今、ここ」に焦点を当てて、出てきた感情を評価・判断せずに、
そのまま感じ、受け入れている状態のことを言います。

 

★「ACT」とは……

アクセプタンス&コミットメント・セラピーの頭文字。

思考や感情をそのまま受け入れ(Accept)、進む方向を選択し(Choose)、
価値あるゴールに向かって行動する(Take action)
という流れのセラピーです。

 

flower0606

 

マインドフルネスの考え方を、私はとても大切にしています。

(個人セッション&グループレッスンにおいても)

社会不安障害を自力で克服(プロフィール参照)したときにも、
マインドフルネスの考え方を日々実践していました。

 

マインドフルネスの
「出てきた感情を評価・判断せずに、そのまま感じ、受け入れている状態」は、
不安や恐怖に飲み込まれている状態とは全く違います。

この状態(マインドフルネス)を目指して、
できることを日々実践していくことで、
不安や恐怖は軽減させていくことができます。

※この辺りの有効なワークについては、
グループレッスンでもお伝えし、体験していただいています。

 

『不安・恐れ・心配から自由になるマインドフルネス・ワークブック』に、
マインドフルネスの状態を示すこんな記述がありました。

 

自分が価値を置く人生を生きる道に進む前に、まずWAFの障壁に打ち勝つ必要はないことを思い出してください。

これらを追い払う必要もないのです。

大事なのは障壁を認め、それとともに進むこと――障壁を旅の道連れにすることです。

●『不安・恐れ・心配から自由になるマインドフルネス・ワークブック』
(明石書店/2012/P270)より引用

※WAF:本書では「心配・不安・恐怖」のことをWAFと表現しています。

 

「心配・不安・恐怖」の障壁に打ち勝つ必要はない。

大事なのは障壁を認め、それとともに進むこと。

 

「心配・不安・恐怖」は、それと格闘すればするほど、
どんどん大きくなっていきます。

「消えろー!」と思えば思うほど、大きくなっていきます。

無かったことにしようとして無視しても、
無かったことにはなりません。

 

それに、「心配・不安・恐怖」は、
本来自分を守ってくれる大事な感情です。

うまく折り合いをつけながら、ともに進んでいきたいですね。

 

そうすれば、自分がどこに進めばいいのかのシグナルを、
「心配・不安・恐怖」さんが教えてくれると思います。

※感情に飲み込まれて回避するという意味ではなくて、
感情を客観的に見ることで判断材料にできるという意味です。

※冷静に判断するためには、
「潜在意識には現状を維持したがるメカニズムがある」
ということも頭に入れておく必要があります。

 

心配さん、不安さん、恐怖さん。

いつも守ってくれて、ありがとう。

道を示してくれて、ありがとう。

 

出てくる感情を十分感じて受け入れることができたなら、
「ありがとう」って感謝できる日がきっと来ると思います。

(ただし、苦しいときは一人で無理しすぎないように)

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!