あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

半年振りに鈴鹿サーキットへ(SF2015 第1戦予選日)

4月18日(土)と19日(日)の両日、
鈴鹿サーキットに行ってきました。

スーパーフォーミュラ(SF)のレースに参戦する
小林可夢偉選手を応援するためです。

 

可夢偉選手は、昨年はケータハムF1チームより
F1に参戦していました。

今年は舞台を国内に移しましたが、今回がその第1戦です。

 

どういった走りを見せてくれるのか、
ワクワクしながら観に行った2日間。

この記事では、18日(土)の予選日でのことについて書いていきます。

(予選そのものよりも、各ブースでの体験がメインになるかも)

 

SUZUKA1

↑予選日、23000人集まりました。

予想していたよりも多かったです。

 

可夢偉選手参戦の効果が出ているのかもしれません。

(私も可夢偉選手に引き付けられて行った1人です)

 

F187

↑フェラーリの1987年のF1マシンであるF187が展示してありました。

このマシンは、1987年に鈴鹿サーキットで行われた
日本GPの優勝マシンです。

 

当時、大学生だった私は14インチの小さいTV画面にかじりつきながら
ゲルハルト・ベルガー選手が駆るこのマシンを夢中で応援していました。

優勝したときには、アパートで「よっしゃー!」と叫び声を上げるくらい
嬉しかったことを今でも覚えています。

 

まさか、この車に出会えるなんて……。

とっても嬉しかったです。

 

MP4-29

↑昨年仕様のF1マシン、マクラーレンMP4-29が展示してありました。

近くで見ると、ずんぐりむっくりという感じで
あまりシャープな印象ではなかったです。

 

SF13

↑「コクピット体験コーナー」に、SF2013チャンピオン車である
山本尚貴選手のマシンがありました。

私もコクピットに座らせてもらいました。

思った以上に中が狭く、手も伸ばせないほどでした。

 

座った状態で前を向いて見えるのは、
モノコックのコクピット前の上面のみで、
ノーズ先端やフロントウィングなどは
コクピットからは全く見えません。

まるで、長細いカヌーにでも乗っているような感覚でした。

 

これで時速300km以上出して競走するのですから凄すぎますね。

イメージしていたよりも安心感が希薄で、
「怖そう!無理!」って思いました。

※無理じゃなくても、運転する機会は決してありませんが(笑)

 

RC213V

↑本田のMoto GP(ロードレース世界選手権)マシンであるRC213Vが
またがってもいいコーナーに置いてあるのを発見!

オートバイも大好きな私には素通りできません!

これも、またがらせてもらいました。

 

ハンドルが極端に低い以外は、思ったよりも違和感がない感じ。

車体がコンパクトで、自分の制御下に置きやすそう。

ステップの位置はこのままでも普通に乗れる範囲で
くるぶしでグリップする私にはいい感じでした。

 

あ、もちろん、RC213Vのような
化け物マシン(世界最高峰マシン)に乗ったことはありませんし、
強力すぎるエンジンパワーやブレーキ、グリップ、バンク角などは
私に扱える範囲をずっとずっと超えていることでしょう。

あくまで、エンジンが回っていなくて、
車体もスタンドで固定されている状態で楽しませてもらいました。

 

********************

 

……ここまで、予選に関係のない、
可夢偉選手にも関係のない内容で引っ張ってしまいました(笑)

が、もちろん予選も楽しんできましたよ!

 

KAMUI1

↑半年振り(前回はF1)に観た可夢偉選手の走り。

今日の予選では、ホンダエンジン勢が元気でした。
(可夢偉選手の車はトヨタエンジン)

 

フリー走行を含めてシケイン~ヘアピン~スプーンと
観戦場所を変えて観ていました。

特にスプーンカーブで感じたことですが、
可夢偉選手は車のふらつきを修正しながら走っている感じで
アクセルが踏みにくそうに見えました。

 

予選後に発表されたチームからの知らせによると
どうやらサスペンションが故障していたようです。

(予選は10番手)

 

YAMAMOTO1

↑ポールポジション(予選1番手)を獲得した山本尚貴選手。

ポイントをきっちりかっちり抑えて走る様子が印象的でした。

ホンダエンジンもよく回っているようでした。

 

KAZUKI1

↑2014年度SFチャンピオンの中嶋一貴選手です。

決して無茶はしない、けれど速い
クレバーな走りが魅力に感じました。

(予選は5番手)

 

LOTTERER1

↑ロッテラー選手。

WEC世界耐久選手権にアウディチームから参戦しているドライバーです。

何とルマン24時間レースで3回も優勝しています。

 

多少滑らしながらでもアクセルを開けるような
アグレッシブさが時折観られる速いドライバーです。

(予選3番手)

 

********************

 

まぁ、車とかバイクとかレースとか、
語り始めると長くなってしまう私なので
短く収めようと思っていましたが、
やっぱり長文になってしまいました(笑)

 

ここまで、お付き合いくださり、ありがとうございました。

次回は決勝日でのことについて書く予定です。

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!