あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

社会不安障害、パニック障害それぞれの形で行動しよう

斉藤一人さんの本、
『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。』
を読みました。

 

●Amazon

 

本書は、行動することの大切さと
行動への取り組み方を教えてくれる本です。

行動するための勇気と元気も与えてくれます。

 

私はこの言葉から元気をいただきました。

 

一〇〇回負けてもかまわないの。

最後に勝てば、それで自分の勝ちなんです。

●斉藤一人著『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。』
(サンマーク出版/2015/P21)より引用

 

私も今まで、仕事や人間関係(恋愛含む)や社会不安障害関係などで
何度も負けました。

自分で自分が嫌になるほど、負けました。

(勝ち負けの勝負をしていたわけではないですが……。
「失敗」と言った方が近いですね)

 

でも、それらは全部大切な「学び」。

行動して失敗したからこそ学べることは必ずあります。

 

flower

 

本書を読みながら、
「これまで以上にもっと行動しなくちゃ」と思いました。

そして、「もっともっと負けてやろう!」とも思いました。

 

全力を出し切ってください。

それを他人と比べる必要はありません。

あなたの全力ならそれでいいんです。

最初は小さな力かもしれません、全力を出し切っていたら必ずその力は大きくなります。

出し切って、出し切って、出し切った先に必ずあなたの道は開かれるのです。

●斉藤一人著『地球は「行動の星」だから、動かないと何も始まらないんだよ。』
(サンマーク出版/2015/P95)より引用

 

行動の内容や量は、人ぞれぞれでいい。

それぞれの形で本気で取り組めばいい。

そう思います。

 

その行動の内容は……

 

★社会不安障害の方の場合は、
不安を感じる場面にちょっとだけ背伸びした範囲で
挑戦してみるということかもしれません。

 

★パニック障害の方の場合は、
発作が起こりそうになったときの呼吸法(リンクは過去記事)を
練習するということかもしれません。

 

★強迫性障害の方の場合は、
確認行為を減らすことに挑戦するということかもしれません。

 

★大うつ病の方の場合は、
今はまず休むということかもしれません。

 

行動の形は人それぞれですが、

「行きたい方向をしっかり向いて、できることをやっていく」

この点については、皆が同じです。

(もちろん私も)

 

小さな行動、小さな挑戦、小さな力の積み重ねは
たとえ目に見える結果がすぐに現れなかったとしても、
潜在意識下では、しっかり成果(経験値)が積み重ねられています。

そして、いつか必ず目に見える結果となって現れます。

 

私が社会不安障害を克服(プロフィール参照)したときも
そんな感じでした。

だから今、不安障害などの克服に向けて取り組まれている方も
すぐに結果が出なかったとしても諦めないでくださいね。

 

お互い、それぞれの形で、
それぞれのできることを重ねていきましょう。

目標が達成できたときの自分の姿を心に描きながら……。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!