あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

あなたを苦しめる過去から自由になる本~多様性の世界の中で

石井希尚さんの本、
あなたを苦しめる過去から自由になる本
を読みました。

「どんなアプローチが書いてあるのかな?」と
興味を持って読んでみました。

 

●Amazon

 

読んでみると、なかなかインパクトのある本でした。

具体的には、石井さんの、クライエントさんに対して
ガツンときつめの言葉をかける姿勢に衝撃を受けました。

 

例えば……

 

しかし、私はカウンセラーとして本当のことを言うべきです。

客観的に考えて、彼は浮気をしている可能性が高いのは明らかでした。

ですから私はこう言ったのです。

「なるほど。そういうことだと、予想通り、ほぼ間違いなく、ご主人は浮気をしていますね」

●石井希尚著『あなたを苦しめる過去から自由になる本』
(すばる舎/2011/P79)より引用

 

「本当のこと」

「言うべき」

「明らか」

「ほぼ間違いなく」

「浮気をしていますね」

 

自分は神さまではないので、
分かった気になってはいけないし、
決め付けてもいけない。

そんな風に考えている私には言えないし、
言いたくない、考えもしないセリフです。

 

「ああ、こういうスタイルもあるんだなぁ」と
衝撃を受けました。

 

他にも……

 

「あなたは、とんでもないことをしたと思っていますね」

「はい」

「でも、変わらないのだから、それを考え続けても意味がないですよね」

「え、ま、まあ、そうですね」

「『まあ』ではありません。今と同じように考え続けることに意味がありますか?」

●石井希尚著『あなたを苦しめる過去から自由になる本』
(すばる舎/2011/P82-83)より引用

 

「とんでもないことをした」

「思っていますね」

「意味がないですよね」

「『まあ』ではありません」

 

決め付け、押し付け、上から目線、否定……

 

共感的というよりは、
カウンセラーの価値観に基づいて分析し、
指摘する。

そして、クライエントさんを現実に直面化させる。

そういったスタイルなんですね。

 

でも、たくさんのクライエントさんと関わってこられたとのこと。

「こういうスタイルがしっくりくるクライエントさんも、
たくさんおられるんだなぁ」ということを知りました。

 

石井さんと私とでは、
カウンセリングのスタイルは完全に違いますが、
考え方の共通している部分も、もちろんあります。

 

人のせいにするのも、過去のせいにするのも、環境のせいにするのも、あなたの勝手ですが、それをしている間、あなたは決して幸せにはなれません。

充実感のある、素晴らしい人生を満喫したいなら、あなたにはやめるべきことがあります。

それは、「過去のせいにする」ということです。

●石井希尚著『あなたを苦しめる過去から自由になる本』
(すばる舎/2011/P170-171)より引用

 

言葉がきついし、もし私がクライエントだったとすると
「それができないから困っている」と言いたくなりそうな内容ですが……

目指す方向としては、私も同じように考えています。

 

「過去のせいにする」=「過去に執着する」

自由になりたいと思いながら、実は自分で手放していない。

 

もちろん、「やめるべきことがある」と言われて、
「はい!過去のせいにするの、やめます!」と
直ちに実行できるくらいなら、
おそらくその人は、カウンセリングには来ません。

その辺りのクライエントさんの辛さ、苦しさを
共感的にしっかり聴いていきたいと私は思っています。

 

そして、最終的には、クライエントさんが
「過去への執着を少しずつ手放していく(受け入れていく)」。

クライエントさんの中にある、その力を信じながら
私は寄り添っていきたいと思っています。

 

今日は、石井さんと私のスタイルの違いに
焦点を当てる形になりましたが、
どちらがいいとか悪いとかではなくて、
それぞれの形があっていいのだと思います。

 

いろいろなスタイルのカウンセリングがあって、
それぞれのスタイルにしっくりくるクライエントさんがいる。

私も、他のカウンセラーも、クライエントさんも
多様性の世界の中の一員。

 

だから、これでいいのだと思います。

お互い、それぞれの形で、
なりたい在り方を目指して進んで行きましょう。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!