あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

フォーカシング講座(3回目)を受講してきました

今日は仕事を早めに終えてから、
産業カウンセラー協会主催のフォーカシング講座(3回目)を
受講してきました。

 

今日のメインは、ペア・セッションでした。

2人1組みになり、
フォーカサー役(フェルトセンス<”そこ”にある感じ>を感じる人・話し手)と
リスナー役(聴き手)を決めて、25分間の1セッションを行い、

振り返りの後で、役を交代して再度25分間のセッションを行いました。

 

私はフォーカサー役のときに、自分の中にある
下記のフェルトセンスたちに寄り添ってみました。

 

★右肩にある「背筋を張らせようとする感じ」と、
そこから発する「前へ進め!」という声。

そこには、右肩部分だけにパコンとはまる
背筋を伸ばさせるための補正具(?)のようなものが付いています。

(イメージの話です)

 

★左肩にある「嬉しさが込み上げてくる感じ」と、
そこから発する「よっしゃ、やったるわい!」という声。

そこには、左肩上部の空中に、金色に輝く光の玉があります。

自分の中にある推進力が感じられます。

 

★みぞおち付近にある「布団にくるまって、引きこもっていたい感じ」と、
そこから発する「休みたい」という声。

この感じは、目の奥にある「眠い」という感じにつながっていました。

 

セッションが進むにつれて、
「引きこもっていたい感じ」が薄れてきました。

フォーカシングの楽しさ・素晴らしさを、
改めて実感することができました。

 

リスナー役のときは、通常のカウンセリング的に進む流れの中で、
いかにして自然に、フォーカサーが体の内側に注意を向けるように
導いていくかというテーマに取り組んでみました。

(個人的なテーマとして)

25分間という短いセッションでしたが、
良い感触をつかむことはできたと思います。

 

今回も、いい学びの時間を過ごして帰ってきました (^-^)

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!