あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

やさしいフォーカシング ~フォーカシングと私のセッション

今日は、フォーカシングの世界で有名な
アン・ワイザー・コーネル先生の本、
やさしいフォーカシング』を紹介します。

本の紹介のあと、私のセッションについても簡単に
書いていこうと思います。

 

●Amazon

 

この本、『やさしいフォーカシング』は、
フォーカシングの様々な手法の使い方や深め方を、
一通り学べる一冊です。

本書の通りに実践することにより、
フォーカシングの良さをしっかり味わえることでしょう。

※読まれるだけでも、ご自分の中にある「何か」の存在を感じ、
寄り添えるかもしれません。

 

私はフォーカシング関連書の中から、一冊を選んで紹介するとしたら
まずこの本からお勧めすることにしています。(^-^)

※2013年5月現在

 

ここで本書より、「フォーカシングとは何か?」について
簡潔に述べられている部分を引用します。

 

フォーカシングとは、からだを使って、自己の気づきを促し、こころを癒していく、独特のプロセスです。

それはひどく単純なことです。

あなたがどんなふうに感じているかに注意を向けて、その感じと会話をするのです。

●アン・ワイザー・コーネル著『やさしいフォーカシング』
(コスモス・ライブラリー/1999/P10)より引用

 

自分の体の感覚や、そこにある感情を否定せずに
「あるがまま」に寄り添いながら、ゆっくり感じる「フォーカシング」。

これをマスターして実践することにより、
不安場面や予期不安の場面において
込み上げてくる不安や恐怖と、
上手く付き合うコツが分かってくると思います。

 

私は、自分のセッションにおいて、
来談者中心療法の「傾聴」をベースに
フォーカシングの要素も取り入れています。

また、必要に応じて、ヒプノセラピーやクォンタムタッチ®の要素を
加えることもあります。

クライエントさん、お一人お一人に合わせながら、
「感情」に寄り添うことを心がけています。

※認知行動療法、行動療法の要素を取り入れることもあります。

 

……と、少しだけ自分のセッションについて書きましたが
今は、大々的にはクライエントさんの募集はしていません。

※2013年5月現在

とりあえず、研鑽&準備を中心に進めています。

しっかりとした援助のできるカウンセラーでいられるように、
精進してまいります。

 

『やさしいフォーカシング』

フォーカシングを学びたいと思っている方に
自信を持ってお勧めできる一冊です。

 

●楽天ブックス

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!