あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

数年来の友達を、部屋にお迎えしました

私がよく行くピアゴさん。

そこの2階の洋服売り場の片隅に、
気になる存在がありました。

 

今日は、その気になる存在と私とのストーリー
(これまでの経過)について書きますね。

まぁ、大した話ではないのですが……。

不思議な「縁」を感じたという話です。

 

ACE1

 

その気になる存在とは、ビジネスバッグさん。(上の写真)

彼と初めて出会ったのは、2~3年前。

 

大きさといい、厚みといい、デザインといい、
ソフトアタッシュケースならではの機能性といい、
私の好みにピッタリくるバッグで、
瞬時に「これ、欲しい」と思いました。

 

しかも、私のお気に入りのカバンメーカー、
ACEさんの商品です。

さらに値段も、ACEさんのバッグとしては
低めの設定の8千円台。

当時、すぐに「これ買おう」と思いましたが、
実は引っかかる点もありました……。

 

ACE3

 

ピアゴさんの2階で出会ったそのビジネスバッグは、
2~3年前の時点で、旧モデルでした。

しかも、アマゾンや楽天でも
販売終了されているレベルの旧モデルでした。

※インターネットでも入手困難な状態でした。

 

さらに、店頭で出会ったそのビジネスバッグは、
すでにうっすら埃を被った状態で、
「劣化も進行しているんだろうな~」と
感じられる状態でした。

※劣化ポイント:合皮の生地やパイピング、
本革のハンドルの塗装面、
カバンの中に埋め込まれているクッション材など。

 

ところが、そのビジネスバッグは、
定価で販売されていたのです。

明らかに汚れが見られ、傷みも進行しているだろうバッグを
定価で買うのには、さすがに私もためらいました。

 

以来、私にとってそのビジネスバッグは……

「すごく欲しいのだけれど、手を出せない」

そのような存在になりました。

※以降、同等品はACEさんから発売されていないようです。
(2~4万円のソフトアタッシュケースは見つけましたが)

 

flower160819

 

それからというもの、
ピアゴさんに買い物に行くついでに、
2階にいるそのACE製のビジネスバッグに、
時々会いに行くようになりました。

 

「こんにちは~元気にしてる?」

私は心の中で、バッグさんに語りかけながら、
「バッグさんがまだそこにいる」
ということに安心していました。

私の中で、バッグさんに対する
不思議な友情が芽生えたようです。

 

何度も会いに行き、何度も鏡の前で
そのバッグさんを持ってみたりしました。

その埃を被った旧型のビジネスバッグに
関心を持っているのは、
おそらく私ぐらいだったのかもしれません。

「行けば会える安心感」を私は感じていました。

 

ACE4

↑舟形のハンドルに、ACEさんのこだわりが見られます。

 

最初に出会ってからすでに2~3年経った後でも、
付けられた値札は定価のままでした。

「すごく欲しいのだけれど、手を出せない」

「友情まで芽生えたのに、手を出せない」

その状態は、昨日まで続きました。

 

ところが昨日、久しぶりに
バッグさんに会いに行ってみると……。

バッグさんは、いつもの位置ではなくて、
新設された「掘り出し物コーナー」にたたずんでいました。

 

ん?掘り出し物……?

値札を確認してみると、
一気に1900円(税抜き)まで下げられていました!

 

ACE2

 

「ああ、一気に1900円まで下げられたんだね」

バッグさんがそのことを知っているのか
知らないのかは分からないけれど、
値下げされた後でも誰かに買われてしまわずに、
私のことを待っていてくれました。

 

ひょっとすると、バッグさんが、
私のことを呼んでくれたのかもしれません。

これまでの付き合いもあるし、これも何かの縁だと思い、
私はそのバッグさんを購入、部屋に連れ帰ってきました。

 

そのバッグさんは、
製造されてからおそらく4~5年は経っています。

劣化も進行しています。

 

「このまま劣化だけが進行し、
バッグとしての喜びも感じないまま処分されてしまうのは、
友達として悲しすぎる」

「ならば、残りの寿命を一緒に過ごして、劣化を迎えよう」

そんな気持ちで部屋にお迎えしました。

 

ACE5

 

長い間、蛍光灯の下で展示され続けたバッグさん。

早速、軽く濡らしてしぼったタオルで隅々まで拭き、
皮革部分にはコロニルのクリームを塗ってあげました。

 

おそらく、バッグさんにとっては、
生まれて初めての体験です。

バッグさんは、どんな風に感じているのかな?

「くすぐったいから、よせやい!」なんて、
嬉しそうに笑いながら言っているかな?

 

「これからもよろしくね!」と私が言うと、
「おう、任せとけ!」と照れくさそうに答えてくれた。

そんな気がしました。

 

変な記事(?)にここまでお付き合いしてくださって、
ありがとうございます。

記事に書いている通りの、変(?)な私です。(^ ^)

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!