あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

子どもが親から受け取る「12の禁止令」

私がときどき読み返して復習している本に、
『自分がわかる心理テスト』(芦原睦著)
という交流分析&エゴグラムの本があります。

 

●Amazon

 

この本には、子どもが親から受け取ることの多い、
否定的なメッセージである「12の禁止令」が載っています。

今日は、その内容を紹介し、
私自身の子どもの頃を振り返ってみたいと思います。

(ぜひ、あなたも無理しない範囲で振り返ってみてください)

 

tree160626

 

12の禁止令

1.存在してはいけない

2.男の子(女の子)であってはいけない

3.子供であってはいけない

4.成長してはいけない

5.成功してはいけない

6.何もしてはいけない

7.重要な人になってはいけない

8.所属してはいけない

9.愛してはいけない、信用してはいけない

10.健康であってはいけない、正気であってはいけない

11.考えてはいけない

12.自然に感じてはいけない

●芦原睦著『自分がわかる心理テスト』
(講談社ブルーバックス/1992/P196)より引用

 

あなたが子どもの頃に受け取っていたものに近い
メッセージは見つけられましたか?

私の子どもの頃を振り返ると、父親からは
「5.成功してはいけない」
「7.重要な人になってはいけない」
というメッセージを受け取っていたように思います。

 

「出るくいは打たれる」

「目立ちすぎると叩かれる、いじめられる」

だから……

「大人しくして、目立たないようにしていなさい」

「服装も髪型も、上級生から目を付けられないような、
地味なものにしていなさい」

 

そのようなメッセージを、よく受け取っていました。

これは小さな頃に両親を亡くし、
苦労しながら生きてきた父親の実体験から
生まれた言葉だと思います。

 

sky160625

 

「伸び伸びと自分を表現してはいけない」

「目立たないように、隅のほうで、静かに、
小さくなっていなければならない」

「そうしなければ、上級生からいじめられる」

そんな風に、私は受け取りました。

 

子どもだった私の中に、ビクビクした感情を植えつけ、
育てるのに効果的なメッセージだったように思います。

そして父親の、上記の信念に基づく行動は、
ときに言葉だけではありませんでした。

 

ときどき、子どもの私が自由に子どもらしさを表現したときには、
きっと父親自身の押し込めてきた感情や劣等感などを
刺激していたのでしょう。

はしゃいでいる私を見てカッとなった父親に、
頭を殴られたこともありました。

 

今ではお互いすっかり丸くなって、
穏やかに話し合える関係になったのですが、子どもの頃は父親に、
自分を素直に表現することができませんでしたね。

いつもピリピリ・ビクビクしていました。

家にいても落ち着けなくて、
「自分はこの家の子どもではない」といつも思っていました。

 

今となっては懐かしい、子どもの頃の記憶です。

(当時の心の傷のほとんどの部分は、癒し済みです)

 

子どもの頃に親から受け取っていた禁止令。

あなたが今でもその禁止令に苦しめられているとしたら……

きっと、とても苦しくて、辛い思いをされていますよね。

もしそうだとしたら、
専門家である私と一緒に癒していきませんか?

 

私の不安障害対象の、
【個人セッション】と【グループセラピー】は、
子どもの頃の心の傷を癒すことにもしっかり対応しています。

よろしければご相談くださいね。

 

●Amazon

 

********************

●不安障害 克服へのプロセス

不安障害(社会不安障害、パニック障害等)を克服するプロセスは、
上がったり下がったりを繰り返しながらも、
全体的には克服に一歩一歩近づいていくようなイメージです。

一時的に落ち込んだり、逆戻りしたと感じるようなことがあったとしても、
前を向いて取り組んだことは、必ずプラスとして蓄積されています。

ほんの小さなことでも構いませんので、
不安障害の克服につながる「できること」を積み重ねていきましょう。

そして、取り組んだ後は、
「よく頑張ったね」と自分のことを褒めてあげてくださいね。

「何を」「どのように」取り組めばいいのか分からない方、
もっと自分に合わせた方法を知りたい方、
専門家に相談しながら無理なく効果的に取り組みたい方は、
私の
個人セッション】【グループセラピーをご利用ください。

確かな内容で、かつ丁寧にサポートをさせていただきますね。

********************

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!