あるがまま
カウンセリング&セラピー S-Breeze
(不安症専門☆愛知・岐阜・三重)

グループセラピー

【あるがままグループセラピー】

あがり症、対人恐怖、パニック症、手や頭の震え、吃音など
不安症関連の辛さから抜け出したい方のための体験式講座!

緊張していても不安のままでも大丈夫。
参加しやすく相談しやすい、少人数制のグループセラピーです。

不安障害の克服にグッと近づける、価値のある体験をしていただいています。
自宅や緊張場面などで行える、各種スキルも身につきます。

(「気持ちが楽になった」というお声を多数いただいています)

※次回の募集日は未定です。
※開催場所は、名古屋市内またはJR尾張一宮駅周辺を予定しています。

参加者様の声
グループセラピーのプログラム一覧

叱るより聞くでうまくいく「子どもの心」 ~「内なる子ども」にも

ずっと気になっていた、子育ての本
『叱るより聞くでうまくいく子どもの心のコーチング』
を読みました。

著者は、和久田ミカ先生です。

 

●Amazon

 

本書は、子どもへの接し方を
分かりやすく教えてくれる本。

カラーのイラストや、カラーの4コママンガが付いていますので
とてもカラフルな印象を受けます。

4コママンガの部分を読むだけでも子育てのヒントが満載ですので、
文章を読むのが好きではない方にもオススメしたいと思いました。

 

内容的には、
「子どもの話をしっかり聞いて、
そこに込められている思いや感情に共感する」
ということがベースとなっています。

本書を読みながら、子育てだけではなくて、
カウンセリングをするときにも重要になってくる考え方が
たくさん書かれていることに気がつきました。

 

kosodate

 

うん、確かに、カウンセリングと子育ては
共通点が多いのかもしれませんね。

大人のクライエントさんと対話しているときにも
実は、クライエントさんの中にいる
「内なる子ども(傷ついた子どもの心/インナーチャイルド)」と
対話しているような瞬間は多々ありますので、納得できます。

 

私は男性なので、本書を読みながら
和久田先生の女性としての細やかな視点が
とても勉強になりました。

そして、勉強になっただけではなくて、
「そうそう、自分も子どもの頃、こうしてほしかったんだ」
という部分をいくつも見つけることができました。

 

自分の中の「内なる子ども」が、どんな言葉に反応するか?

それを一つ一つ見つけ、感じていくのが
私の趣味みたいなものというか習慣になっています。

そのための素材(ツール)としても、本書は優れた本でした。

 

分かりやすく、実践しやすく書かれているこの本。

内容は、愛着理論などが盛り込まれた本格的なものです。

子育てにお悩み中の方、子どもの心をもっと理解したい方などに
ヒントをくれるいい本ですよ。

 

●Amazon

 

今日も、ありがとうございます!

皆さまが、笑顔いっぱいでありますように!

個人セッション 愛知
   

あなたのひと押し、励みになります。いつもありがとうございます!